かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク宮前平保育園

対象事業所名 アスク宮前平保育園
経営主体(法人等) 株式会社日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 216 - 0006
宮前区宮前平2-11-6
tel:044-854-4855
設立年月日 1976(昭和51)年12月01日
公表年月 2020(令和2)年02月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】
・立地および概要
 川崎宮前平保育園は東急田園都市線宮前平駅から徒歩10分の高台にあります。周辺は閑静な住宅街で、多くのマンションや公園や小学校があります。昭和51年12月1日に川崎市宮前平保育園として開園、平成21年4月1日から公設民営化により株式会社日本保育サービスが指定管理者として受託して9年が経過し、令和1年4月から民設民営化となった10年目の保育園です。定員は0〜5歳児150名で、現在150名が在籍しています。園舎は鉄筋コンクリート造りの2階建てで、園庭とテラスがあり戸外活動の環境も整備しています。
・特徴
 子どもたちから「明日も行きたい」と言われる保育園にしていきたいという思いから「全園児を全職員で」を園目標としています。子どもたちの「生きる力」「伸びる力」を育むことを目的として「楽しむ心」「学ぶ楽しさ」を育めるように、クッキング保育や英語プログラムなど複数のプログラムを取り入れています。発達の変化の多い1〜3歳児は低月齢と高月齢の2クラスに分けて保育を実施しています。 "

【特に優れていると思われる点】
<特によいと思う点>
1.保育の質の向上への取り組み
  園長は職員の資質向上のために、各保育室を見回って保育に入ったり助言したりしています。また、記録の書き方の指導を行っています。新人からベテラン、常勤職員と非常勤職員の違いを越えて、基本理念や方針に沿った保育を行っていけるように、職員の心得を作成し全職員に配付しています。また、言葉のかけ方を学ぶ機会として外部講師を招いて、子どもたちを肯定的に認めて気持ちを共有し励ましていけるような「PEP TALK」※を内部研修として実施しています。          
※PEP TALK:やる気が出るポジティブな言葉かけ

2.子どもの心を育てる異年齢活動
 長期計画の一つとして「異年齢児交流の充実を図り、友だちと共に育ちあえる園づくり」を明記しています。保育の充実を進めるなかで、異年齢保育の活動を実施しています。年間活動計画も策定し、発表会や夏祭りは3〜5歳児クラスの縦割りグループで活動しています。幼児集会では盆踊りや泥遊びなどを行っています。年齢ごとに目標を持ち、憧れや思いやりなどの気持が育つようにしています。進級入園のお祝い会では、5歳児が手遊びや鍵盤ハーモニカを披露し、新入園児にメダルをプレゼントしています。

3.栄養士が活躍する食育活動
 食育計画は栄養士と保育士が連携して、1歳児クラスの1月からクッキング保育を取り入れています。3〜5歳児クラスでは、年齢ごとに年間と毎月のテーマを決めています。令和1年度は、5歳児が世界の料理、4歳児が日本の郷土料理、3歳児が絵本にでてくる料理をテーマとしています。3歳児クラスでテーマにする絵本は栄養士が選び、保育士がその月の絵本として保育の中で取り上げて子どもたちに読み聞かせをしています。クッキングの内容やレシピは、栄養士が切り抜きや絵、文字でカラフルな掲示物を作成して保護者に伝えています。

<さらなる改善が望まれる点>
1.お迎え時の職員対応と体制の見直し
 延長保育にかかる時間帯には、保護者のお迎えが集中して子ども一人一人のその日の様子を口頭で伝えきれない状況があります。職員と保育について話すことについては、利用者アンケートの集計などからも満足度がやや低いことがうかがわれます。口頭での報告以外に連絡帳やホワイトボードも使用して子どもの様子は伝えていますが、保護者が職員から子どもの様子を聞けたと感じられるように、職員体制などを検討することが望まれます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・「友達と遊ぶ楽しさを知り、思いやりのある子ども」「感じたこと、想像したことを豊かに表現できる子ども」など、理念や基本方針を反映した、子どもを尊重した園目標を策定しています。園目標は「入園のご案内」に明示するとともに玄関に掲示しています。

・職員は、川崎市の「子どもの権利に関する条例」を確認し、気になる発言を聞いた場合は、その場でお互いに注意、指摘するようにしています。また、園では、全職員が共通意識を持って保育を行うために、「職員の心得」を作成して全職員に配布しています。

・虐待防止については、「虐待防止対応マニュアル」にもとづき、研修や会議などで議題にあげ、話し合いを行うとともに、日々の保育の中でも職員間で気付き合うことができるようにしています。虐待フローチャートを事務所に掲示しています。保護者による虐待の早期発見に向け、登園時に親子の様子の観察や、着替えの時などに観察を行っています。

・設置法人の「保育園業務マニュアル」に個人情報の開示、利用停止に関する事項を記載しています。職員には入社時に、個人情報保護やプライバシー保護に関する研修を実施し、周知しています。

・「入園のご案内」(重要事項説明書)に、個人情報の利用目的と提供先を明記しています。入園説明会で保護者に説明し、同意を得ています。写真や画像・映像のホームページへの掲載については「肖像権の使用に関する同意書」を提出してもらっています。特別な配慮が必要な子どもについて関係機関と連携が必要な場合は、保護者の同意を得ています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・保護者から寄せられた意見や苦情などは、職員会議などで取り上げ、対応や解決に向けた検討を迅速に行っています。園独自で対応、解決できない事案については、設置法人や宮前区に相談し対応しています。運営委員会(クラスの保護者代表が参加)を年4回行っていますが、そのうち9月、3月は、第三者委員も参加して行っています。

・園では、児童家庭調査票、入園児面談シートなどの情報から、子ども一人一人の発達や生活環境などを把握し、個々の理解を深め、ありのままの姿を受容して支援しています。

・異年齢活動は年間計画を作成して進め、幼児クラスは、4つの縦割りの異年齢のグループで行っています。盆踊り、お神輿制作、運動会などの活動を年間計画に基づいて行っています。4、5歳児は、運動会のリレーも4つのグループで行っています。

・配慮の必要な子どもの保育については、設置法人の発達支援相談員の巡回や、川崎西部地域療育センター職員の訪問、主任児童委員、園の嘱託医、宮前区児童福祉課と連携し、指導や助言を受けられる体制を整備しています。

・園では「@豊かな人間性を育もうA楽しく食べようB五感を使って味わおう」のコンセプトを基に給食を提供しています。

・食物アレルギーのある子どもが多数在籍しているため、新入園児が入った4月か5月には栄養士から全職員に「アレルギーテスト」として食物アレルギーのある子ども一人一人についてのアレルギー把握のテストを実施しています。食物アレルギーのある子どもの保護者とは、入園時と半年ごとの定期面談を栄養士が実施して、子どもそれぞれのアレルゲンや食事形態を職員が共通理解しています。

・職員は、絵本の読み聞かせを通して子どもたちにケガや病気について伝えています。子どもたちには、遊具の上で友達を押さないなど、ケガなどを防止する方法や約束ごとをわかりやすく伝えています。また、職員は職員会議などで、活動状況や年齢に応じた職員の立ち位置を、図を用いて確認しながら話し合い、危険の防止に努めています。

・園長から職員には、子どもと一緒に考えることを約束事として伝え、子どもが考えるような言葉がけをしてくださいと伝え、子どもが、自分の意思や意見、考えを表明することを奨励し尊重しています。

・紙コップや卵パックなどの廃材遊びを取り入れ、自由に表現する楽しさや満足が得られるような環境を整備しています。

・日本の伝統行事や遊びを体験する機会として、七夕やひな祭りなどの季節の行事を取り入れています。また、伝承遊びや餅つきなどを行っています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・利用希望者や見学の問い合わせには随時対応しています。見学は曜日や時間を設定していますが、平日の夕方も園長が対応し、利用希望者の都合に応じた事前予約での個別対応も受け入れています。園見学の対応は、園長や主任だけでなくリーダー層を加えることで、見学しやすくしています。

・子どもの安全確保については、活動内容に応じてマニュアルの内容やリスク、対応策などを園長から職員に説明しています。水遊びやプールでは「水は滑る」ことや監視員がつくこと、3歳までは水あそびとすることを伝えています。また、大きいプールは一つだけにして、1クラスのみの使用とすることなどを決めて実施しています。年度初めには、夏のお泊り保育では確実に子どもの安全を守れる体制をとるために、活動内容を減らし、ゆとりをもって実施しています。
・災害訓練として、地域の自治会消防訓練に職員が参加しています。宮前平消防署と連携した通報訓練をしたり、近隣保育園と合同で消防署員立ち会いの総合訓練を実施したりして、職員は水消火器での消化訓練もしています。9月5日のかながわシェイクアウト(それぞれの場所で一斉に安全確保行動を行う防災訓練)にも参加しています。

4 地域との交流・連携

・一時保育、園庭開放、育児相談を行っています。一時保育の利用者は月100名を超えています。園庭開放と育児相談は毎週水曜日に実施しています。

・夏祭り、運動会、移動動物園などの園の行事に地域住民の参加を呼びかけています。近隣の保育園に、運動会の会場として園庭の開放を行っています。

・宮前区のカンガルーネットワーク主催の「あかちゃん広場」に職員を派遣し、育児相談や手遊び指導を行っています。「地域子育て支援センターみやざき」には、栄養相談として栄養士を派遣しています。

・園長は、宮前区の認可保育園園長会と全体園長会、民生児童委員会議などに参加して、地域の特徴・変化などの情報を把握しています。また、担当職員が、年長児担当者会議、幼保小連携会議、民主任連携会議、看護師連携会議、栄養士連携会議などの役職・職種別の会議にも参加しています。職員が「みやまえ子育てフェスタ」での栄養相談や、宮前区の保育園・幼稚園実習に参加し地域のネットワークに参画しています。

・社会福祉事業全体の動向は、設置法人が把握し、園長会で伝達しています。
福祉サービスのニーズ、潜在的利用者に関するデータとして、利用者の共働き状況や住宅事情などの地域の情報を把握しています。また、地域の関係機関・団体の共通の課題として、保育の質の向上と人材育成があげられています。
把握した情報は、園としても同様の認識のもと、中期計画や年度事業計画に具体的な取り組み内容を組み込み、実行しています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・中・長期計画は、5年間(平成31年〜令和5年)の長期計画と、「保育の充実」「子育て支援」「地域支援」に関する3年間(平成31年〜令和3年)の中期計画を策定しています。年度ごとに半期で評価を行い、反省と改善点を明確にし、必要に応じて見直しを行なっています。

・中・長期計画を踏まえた年度事業計画を、上半期、下半期に分けて策定しています。年度事業計画は、中・長期計画を踏まえて園長が策定し、主任と副主任とリーダー会議で検討のうえ決定しています。

・園長の職務、役割と責任は、保育園業務マニュアルの職務分担表に明記されており、それにもとづき年度初めの職員会議などで表明しています。

・園長は各クラスを巡回して、全体的な計画、年間指導計画、月間指導計画や週案と齟齬がないか確認し、保育の実施状況を把握しています。園長は、日常的な話し合いや職員会議などで、職員の意見の把握に努めています。また、保育サービスの質の向上を図るため、気になった点はすぐに職員に指導しています。

・生活発表会の子どもの衣装を、紙から布に変え継続して使用できるようにし、コストの削減を図っています。また、プログラムを手書きからカラー印刷に変えて、手間とコストの削減を図っています。

6 職員の資質向上の促進

・常勤職員は設置法人作成の研修リストから、職員自身が研修計画を策定しています。園長は職員の経験や能力に応じた研修計画になるように指導し、職員の育成をしています。研修受講後には、研修レポートを作成し研修内容に応じて職員会議や園内研修で報告し、できるだけ保育実践や内部研修につなげ、研修で得た知識やスキルを日々の業務の中で実践し、本人が成果の確認をできるようにしています。

・園長は年2回全職員の個別面談を実施しています。また、必要に応じての面談も行い、職員の意向や要望を聞き取ったうえで、改善できるように努めています。

・園長や主任がメンタルヘルス研修を受講したり、看護師がストレスチェックを実施したりして、職員一人一人のストレス度を把握し、労働環境の改善につなげています。

詳細評価(PDF611KB)へリンク