かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

ラベンダーハイツA・B

対象事業所名 ラベンダーハイツA・B
経営主体(法人等) 社会福祉法人 県央福祉会
対象サービス 障害分野 共同生活援助(グループホーム)
事業所住所等 〒 252 - -
中央区-
tel:-
設立年月日 1997(平成9)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年10月 〜
使用評価項目 推進機構障害者GH等第三者評価項目
評価機関名 株式会社フィールズ
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

≪ホームの概要≫
@グループホーム「ラベンダーハイツA・B」は、JR相模線上溝駅から徒歩10分程の住宅地にあるマンションの2階、3階を使用しています。男性8名、女性2名の利用者が生活しています。近くに保育園や学校、コンビニエンスストアなどがあります。
A利用者は、食事や相談、健康管理などの日常生活の支援を受け、日中はそれぞれの就労先や日中活動場所に通所しています。
Bホームの運営は、神奈川県内に110を超える事業所(保育園から障がい児・者事業所、就労支援・グループホーム、診療所、高齢者介護事業)を展開している社会福祉法人県央福祉会が担っています。

≪ホームの理念・方針≫
@ 県央福祉会は、「ソーシャルインクルージョン(共生社会)」と「社会のニーズに先駆的で開拓
的に取り組む」という2つの理念と11の基本方針を掲げています。職員は理念等を遵守し、利用者が安心して自立した日常生活及び社会生活ができるように、利用者一人ひとりの個性を踏まえて支援に努めています。

≪支援にあたって努力・工夫している点≫
 @職員間の情報共有を大切にしています。職員同士が顔を合わせる機会を頻繁に設けることが困難なため、引き継ぎノートや日誌、メール、ラインなどを情報の性質に合わせて使い分け、速やかな伝達を心がけています。
 A利用者への挨拶の徹底を行っています。「行ってらっしゃい」、「お帰りなさい」は、職員は、作業を中断してでも行っています。いつでも人の存在を感じ、安心できる環境を目指しています。また職員同士も積極的に声を掛けあうことを大切にしています。


評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重 @利用者に対して強くなりやすい職員の立場をわきまえて慎重に対応しています。また職員による不適切な言動があった時は、職員間で指摘しあい、改善に努めています。 
A月に1回(第4木曜日)に開催される支援員会議にて、人権チェックリスト等により現在の支援内容の見直しをしています。 
B利用者の許可なく居室に立ち入ったり、事前の知らせ無しに外部の人を迎え入れることは避けています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供 @利用者からの希望や意見は食事や入浴等日々の生活の中で聞いています。直接の会話ではなく電話をかけてくる利用者には電話で対応しています。利用者が話しやすい環境を作り、相談があった場合はその場で聞くようにしています。
Aより利用者の自立した生活につながる個別支援計画策定のため、個別支援会議のスケジュールを見直しています。日々の支援の中でも利用者の行動を確認したり話を聞く等により支援のポイントや方向を考えています。

3 サービスマネジメントシステムの確立 @ 金銭は、基本的には利用者本人が管理しています。希望がある場合は施設
でも管理をしています。また、あんしんセンターや後見人を利用している利用者もいます。金銭管理の対応は常勤職員の3名でおこなっています。
A 玄関に苦情ボックスを設置しています。また職員に直接言いやすい環境
を大切にしています。利用者の声を尊重し、支援者の意図が含まれないようにしています。利用者の表現をそのまま受け取るように努めています。
B 救急時、災害時(地震・火災)それぞれのマニュアルとフローチャートを
作成し誰でも確認できるよう事務所に掲示しています。

4 地域との交流・連携 @自治会や地域との関係を大切にしています。同じマンションの皆様や一階の保育園を利用する皆様、周辺の皆様と日常的に挨拶を交わし、良好な関係を築いています。 
A地域の行事などについて利用者へ情報提供しています。どんど焼きや酉の市、夏祭りなどに利用者は、職員と一緒に参加することがあります。 

5 運営上の透明性の確保と継続性 @法人の規定の順守を徹底しています。倫理綱領等について職員会議などで周知しています。またホーム内に掲示しています。
A利用者情報や運営情報などについて、会議やメール、引き継ぎノート等によって、職員間の情報共有を図っています。

6 職員の資質向上の促進 @法人において職員から組織された「研修委員会」が中心となって研修を企画・実施しています。職員に対し該当する研修について周知し、受講を促しています。
A毎月の「職員勤務スケジュール」について、職員の急な都合が生じたときは、まずホーム内で調整し、対応しています。また他の事業所からの応援を受けられるという仕組みもあります。利用者支援に支障がないよう取り組んでいます。
 

7 日常生活支援

@個々の状況に合わせて支援しています。服薬では、「お薬カレンダー」などを使い、極力本人が関わることを基本に支援しています。また確実に服用できているか目視で確認しています。
A 月に一度の看護師の訪問によって、問診・バイタルチェックや、必要に
応じ服薬・通院・受診の支援を行っています。


詳細評価(PDF345KB)へリンク