かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

特別養護老人ホーム 横浜市新橋ホーム(3回目受審)

対象事業所名 特別養護老人ホーム 横浜市新橋ホーム(3回目受審)
経営主体(法人等) 社会福祉法人 横浜市福祉サービス協会
対象サービス 高齢分野 特別養護老人ホーム
事業所住所等 〒 245 - 0009
泉区新橋町3番地
tel:045-811-0692
設立年月日 1997(平成9)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年08月 〜
使用評価項目 横浜市版
評価機関名 株式会社 R−CORPORATION
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)
●特別養護老人ホーム 横浜市新橋ホームの立地・概要
特別養護老人ホーム横浜市新橋ホームは、相鉄いずみ野線弥生台駅と緑園都市駅の中間に位置し、弥生台駅から緑園都市駅行きのバスで3つ目の、戸塚に通じる瀬谷柏尾道路の、坂の途中にあります。周辺には国際親善総合病院、岡津小学校、岡津中学校、横浜緑園高校、永明寺などがあり、相鉄いずみ野線が開通してからは、新しい住宅地として開けています。
横浜市新橋ホーム全体としては、特別養護老人ホーム(定員42名)の他、老人福祉法により、環境上もしくは経済的理由で、在宅で生活することが困難な方を措置で養護する養護老人ホーム(定員50名)を併設し、また、通所介護(デイサービス・通常規模型、定員19名)、居宅介護支援事業を運営しています。施設は、2階建てで、2階を養護老人ホーム(個室50室)とし、1階が特別養護老人ホーム(多床室14室)、デイサービス、居宅介護支援事業を構成しています。また、夜間には地域のケアプラザ(泉区6ヶ所、瀬谷区5ヶ所)の夜間・休館日等の転送電話相談、受付業務を行い、福祉の有機的な機能を地域に提供し、貢献しています。
施設環境では、広い屋上スペースが2階に設けられ、視界的にも開放感溢れ、木々や草花が栽培されて緑化の環境作りが成されています。さらに、敷地内の建物の周りには季節の木々が植栽され、回遊できる遊歩道が作られ、利用者の外気浴や気分転換が図れる良い散歩コースが設けられ、車椅子の方、近隣の方々にも喜ばれています。
●横浜市新橋ホームの事業方針
横浜市新橋ホーム全体としての運営理念に、@「お客様お一人おひとりの尊厳を尊重します。」、A「在宅から施設まで、その人らしい暮らしを支援します。」、B「地域に開かれ、地域に貢献できる施設運営を目指します。」を掲げ、29年度の重点目標として、本入居部門(特別養護老人ホーム)では、1.「職員一人ひとりがケアについて意見を持ち、より良い介護サービスが提供できるようにします」、2.「日々のケアや仕事の中で疑問に思うことが有ればチーム内で意見の交流を積極的にはかり、話し合えるチーム作りを目指します」、3.「ケアカンファレンスと職員会議の場を有効に活用し、意見交流を行いながらお客様とご家族様が安心して過ごせるケアができるようにします」を目指して支援しています。短期入所生活介護部門では、「地域に密着した施設を目指し、お客様とご家族様が安心してショートステイを利用できるよう努めます」として、利用者第一としたケアに尽力しています。
≪優れている点・特に良い点≫
1.利用者一人一人を大切にしたケアの実施
特別養護老人ホーム横浜市新橋ホームは、事業所の運営理念の@「お客様お一人おひとりの尊厳を尊重します。」、A「在宅から施設まで、その人らしい暮らしを支援します。」を受け、生活モデルを重視したケアプランを策定し、利用者個々の生活の活性化を図っています。ホームでは、回想法を実践し、利用者一人一人の笑顔や会話を引き出し、機能訓練につながるようレクリエーション等を企画して充実を図り、医療機関と連携を図り、利用者同士の交流を含め、利用者一人一人が楽しく、安心して過ごせるよう支援しています。
2.地域に開かれ、地域に貢献できる施設
特別養護老人ホーム横浜市新橋ホームは、事業所の運営理念のB「地域に開かれ、地域に貢献できる施設運営を目指します」を受け、地域との連携に取り組んでいます。泉区の新橋下自治会の会長、泉区社会福祉協議会(以下、社協)の会長の厚意により、地区の行事や社協の行事に参加しています。横浜市新橋ホームのイベントにも招待しています。敷地内の遊歩道では、利用者が散歩するのと同様に、近隣の方にも開放して利用してもらい、地域のボランティア(演芸等)を受け入れ、地域の作品展があれば出展する等、地域と交流を図っています。また、災害時には地域の拠点として役割を担い、ホームの消防訓練には地域の方に協力を得る等、良好な関係作りを構築しています。
3.従来型特別養護老人ホームのメリット
特別養護老人ホーム横浜市新橋ホームは従来型特養です。従来型特養の特徴は、リビングにおける利用者の交流があることです。ユニット型特養ではプラシバシーが優先されるあまり利用者が「個」になる傾向もあり、特に、高齢者では年齢において認知症の比率が高く、認知症の進行を遅らせるためには社会性を保つことが大切と言われており、認知症デイサービス等で他人と交わることも大切です。認知機能の進行や、高齢者の特性を考慮し、従来型特養では、多床室、リビングで入居者同士の交わりが持て、気持ちの活性化が図れます。プライバシーをできる限り確保しつつ、社会性も保てるのがメリットです。接遇にも職員の意識を向けることにより、従来型特養の多床室、リビングにおいての入居者同士の交流がプライバシー侵害の問題にならないよう柔軟に適切に対応しています。
≪さらなる改善が望まれる点≫
1.利用者外出に関する工夫の必要性
特別養護老人ホーム横浜市新橋ホームに限らず、入居の利用者の外出、散歩等が、重度化により難しくなってきておりますが、外出が可能な方には外出援助をし、車椅子の方にも外気浴や周回の散策路にお連れするなど、できる範囲での支援を行っています。利用者本人調査の際も外出の希望を多くうかがいました。車椅子の場合、現状の職員体制では1対1でないと外出が困難なことも理解しています。この閉塞感を取り除く手立てとして、週1回お菓子なども販売する八百屋さん、年2回の衣類の販売、年2回のメガネ販売の業者などを所内に導入しています。利用者に豊かな笑顔が持てるよう、アイディアと工夫を期待致しております。
評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重 ●横浜市新橋ホームの運営理念は、@「お客様お一人おひとりの尊厳を尊重します。」、A「在宅から施設まで、その人らしい暮らしを支援します。」、B「地域に開かれ、地域に貢献できる施設運営を目指します。」であり、生活モデルを重視したケアプランを策定し、利用者一人一人を大切にしたケアを実施し、個々の生活の活性化を図っています。職員に対しては、各部署に施設理念を掲示し、全体会議や個別面接で確認し、理解を促しています。
●個人情報に関する守秘義務に関しては、職員および実習生と誓約書を交わしています。個人情報に係る重要書類は施錠できる書庫に保管し、個別カルテは医務室に保存しています。パソコンに関しては、個人別ID、パスワードを設定し、セキュリティを確保しています。また、個人情報等を事例検討や研修に使用する際は、固有名詞を記号に置き換え、黒塗りする等、守秘に留意しています。
●身体拘束に関して、「身体拘束廃止委員会」(新橋ホームでは以前から設置していますが、平成30年度から必須になりました)において、拘束の定義を基に、接遇面にまでおよび検討を行い、職員に対してリスク管理の意識啓発を行っています。利用者と家族に対しては、入所時契約の際、身体拘束に関して施設としての方向性を説明し、理解を促しています。現状、身体拘束は行われていません。
●家族が必要に応じて後見人制度を利用できるよう、家族等に情報を提供し、外部関係機関と連携を図り、活用が望ましい場合はわかりやすく説明を行い、個別に相談に応じています。泉区の福祉保健センターや、社会福祉協議会の横浜あんしんセンターと連携体制を整えています。
2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供 ●給食会議は毎月1回実施し、栄養士、給食担当、看護職員が食事を評価し、利用者一人一人の栄養状態、食事への配慮に取り組んでいます。日々の食事の情報提供を行い、専門職種間で協働を図り、健康講座の開催や栄養指導を行い、利用者の健康保持の増進に努めています。利用者の心身状況、身長に合わせて足台を用いて、食卓、椅子の調整を行い、安定した座位がとれるよう工夫しています。食事時間については、利用者個々のペースに合わせながらも、食事保存可能時間を考慮して2時間の範囲内で対応しています。受診などで時間がかかる場合は、違う食事を提供するなど配慮しています。
●入浴は、週間計画を作成し、利用者に合わせた快適・安全な入浴方法を検討して利用者の体調に配慮し、適宜、変更もしながら工夫しています。浴槽は、特殊浴1か所、一般浴2か所(内1か所はリフト浴併設)、檜の風呂(自立の方が中心)1か所、計4か所設備され、日曜〜土曜日まで毎日10:00〜16:00に入浴を可能としています。非常勤職員は脱衣、移送を担当し、職員2人で利用者2人の入浴を対応しています。
●排泄については、排泄チェック表を活用して、排泄リズムの把握に努め、利用者一人一人の間隔で可能な限りトイレを使用とします。また、立位動作の維持を大切にし、立位動作の訓練を生活動作に取り入れています。ポータブルトイレの使用については、居室の他の利用者を考慮し、なるべくトイレにお連れするようにしています。同性による排泄介助では、希望者には対応しています。プライバシーに配慮しています。
●余暇や生活の取り組みでは、施設行事の夏祭りにおいては、制作の段階から利用者に参加型でかかわってもらい、個々の身体状況に応じた準備や、これまでの生活で馴染みの生活動作を取り入れ、一緒に取り組んでいます。定期的に利用者の希望を聴き取り、要望と利用者の状態に応じて外出や、近くのコンビニ等に出かけ、八百屋(週1回)や、衣料品販売店(年2回)が来訪して利用する等、利用者の方々が楽しめるよう実施しています。また、カタログで好みの物を選んで注文する方法も取っています。併設の養護老人ホームにはクラブ活動があり、特別養護老人ホームの利用者も参加し、ボランティアも積極的に受け入れ、日常生活の楽しみにつなげています。
●リハビリについては、専任の機能訓練指導員は配置していませんが、同一法人から理学療法士が来訪し、指導を受けて実施しています。また、訓練計画書を基に、毎月のモニタリングや退院時に低下したADLの回復について検討を図り、多職種によるリハビリを実施しています。また、口腔ケアの見直しを行い、口腔体操を含めた検討を行い、介護・看護職員、歯科衛生士が共働して実施できるケアを考案しています。機能訓練については、日常生活の中での課題や方法(生活リハビリ含む)を個別介護計画に明示し、日々のレクリエーションの中に日常生活動作能力向上のためのプログラム(集団体操、歌を歌う等)を取り入れています。
3 サービスマネジメントシステムの確立 ●入居者の状況に応じた取り組みでは、利用者一人一人のペースに合わせた柔軟なサービスを心がけ、職員はDVDも活用し介護技術を学び、様々な場面での動作を把握し、利用者の方々に置き換えて日々の状況を理解するよう努めています。本人の要求を把握し、ケアマネジャーが介護計画に反映させています。
●具体的なケアの実施状況に関しては、モニタリングを1ヶ月に1回実施し、意向等の聞き取りを行い、適切なサービス提供に努めています。横浜市新橋ホームでは、回想法を1ヶ月に1回行い、8名程度の利用者にリーダーとサブリーダーと、数名のボランティアとで実施し、昔を振り返って考え、それを他の人に話をすることで利用者の心の動きや表情の変化が得られ、昔好きだったこと等を思い出すよう援助し、利用者本人の好きなことにつなげられるよう、言語化にして残しています。また毎月、家族会のメンバー3〜4人の方が紙芝居や他の複数のレクリエーションを行ってくれています。
●居室は多床室ですが、カーテンで仕切りを行い、個人のプライバシーが守られるよう配慮しています。また、利用者本人が過ごしやすい場所を設定できるよう配慮しています。家族等、来客の際には、相談室や会議室、面談室、玄関スペースのラウンジ等を利用してもらい、個別の空間が持てるようにしています。
●感染症および食中毒の予防、蔓延の防止のため、マニュアルを整備し、「感染症対策委員会」を設置して毎月の感染状況を共有して対策を話し合い、感染症および吐瀉物に関する研修を年2回行っています。また、感染症および食中毒の予防、蔓延の防止に関する情報の共有化に努め、毎月、吐物処理セットの点検を実施するよう努めています。衛生管理、感染症対策については、施設では次亜塩素酸水を活用し、ノロ対策を行っています。また、空気清浄器を設置して空気の除菌も行っています。
●災害等については、BCP(事業継続計画)を作成し、周知を図り、災害時には必ず法人本部に報告する体制を整えています。施設では、新橋下自治会に加入し、地域との防災協定を交わし、夜間想定の消防訓練の際には参加のご協力をお願いしています。薪を使って災害時の炊き出しの実地訓練も行っており、豚汁を作り地域の参加者へ配ります。災害時の備蓄では、入居者に必要な食糧・物資等を確保し、消費期限の確認および入替等の管理を行っています。毎月、防災委員会を開催し、職員教育や自家発電装置について作動の確認を行っています。
●苦情解決の体制では、重要事項説明書に第三者委員、施設の相談、苦情受け付け担当者(副所長、生活相談員)、苦情解決責任者(所長)を明記し、法人本部の相談室、泉区役所等、公的機関等も記載し、直接苦情を申し出ることができる体制を整備し、施設内にも掲示しています。苦情等があった場合は、法人本部にも連絡し、会議で報告しています。
●家族会は年2回、交流会を開催し、懇談会やアンケートを実施して意見等を聞く機会を設け、意見箱も設置して施設の改善に努めています。
利用者とは日頃からコミュニケーションを図り、会話を大切にしにしながら個別に意見や要望を聴くようにしています。
●医療依存度の高い利用者(例:経管栄養、酸素療法、カテーテル、インシュリン注射等を要する利用者等)も受け入れており、喀痰吸引の医療行為での資格は新入職者を除き介護職員のほぼ全員が取得し、安全を確保しています。処置の確認は日頃から実践および、徹底しています。
4 地域との交流・連携

●地域の行事の手伝いや、老人クラブでの草むしり等の手伝いを行い、泉区社会福祉協議会や自治会の会議への参加を通じて、地域の課題、福祉ニーズを把握しています。また、地域の方に向けて公開講座を実施して、地域と交流を図っています。
●施設の行事では、納涼祭に地域の方々にお知らせし、自由にご参加頂き、毎回150〜200名位が参加しています。泉区社会福祉協議会(新橋、緑園都市)、老人クラブの会合に職員が参加し、緑園地区社会福祉協議会の手伝いや、新橋連合自治会・中川連合町内会に協力して手伝いを行う等、交流を図っています。地域の他施設へ車椅子、テント、半被等を貸し出し協力しています。
●ボランティアの受け入れのためのマニュアルを整備しています。受け入れの担当は所長及び副所長で、ボランティアには事前に説明を行い職員、利用者にも主旨を説明して受け入れています。記録では、受け入れ記録、活動記録を残し、保管しています。終了時にはボランティアから意見等を聞き、意見は施設運営に反映させるようにしています。現在は傾聴ボランティアやピアノのボランティア他を受け入れ、夏祭りには高校生のボランティアも受け入れています。
●実習生の受け入れは所長、副所長を受け入れ担当とし、実習生には事前に説明し、職員、利用者へ説明を行っています。実習プログラムは目的に応じた効果的な実習が行われるよう工夫して作成し、将来の福祉についての理解も促し指導にあたっています。最終日には振り返りを行い施設運営に生かすようにしています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

●職員の守るべき法・規範は、倫理規定に明文化し、セクハラ、パワハラの規定も記載し、職員に周知徹底を図っています。毎年、話し合いの機会を持ち、啓蒙しています。経営・運営状況等の情報は公開し、職員に回覧しています。他の施設等の不正・不適切な事例等は、運営会議で注意喚起を行っています。
●横浜市の方針(3R夢)に沿い、廃棄物は分別し、なるべく紙媒体を使用せずパソコン記録管理を推進しています。省エネについては、中央監視盤の機能を地下から1階に上げ、細目に節電を行い、順次、LED照明を導入し、電気消費量の削減の促進を図っています。緑化では、施設周辺に遊歩道により植栽が成され、環境維持に努めています。横浜市の指定管理施設であり、横浜市の環境方針に準拠して実施しています。
●理念・基本方針を明文化および掲示し、年2回、全体会議時に理念・基本方針等について伝え、周知しています。所長は、職員面接時に、理念・基本方針の理解度を把握し、職員一人一人が「どんな方向を目指しているのか」を確認し、全職員の質の向上に尽力しています。
●法人の事業運営に影響のある情報については情報を基に法人本部の経営会議で分析を行っています。法人の重要な情報は法人本部より報告を受けています。事業所では重点改善課題とし、内容等は事業所の月1回の運営会議、年2回の職員全体会議で職員に示しています。
●中・長期的な計画は、法人本部で5か年計画(平成27年〜32年)として経営企画室が作成し、次代の組織運営に備え、経営やサービスプロセスの新たな仕組みとして働きやすい体制作りを目指して取り組んでいます。次代の施設運営に向けて、経営幹部の育成として補佐への昇格の試験を順次受けるよう促しています。運営に関して、外部の機関や専門家等から意見等を取り入れる努力を行い、システムを導入した際はコンサルティング会社の助言を受け、効率化、一元化を図り、より良いサービス、質の向上に取り組んでいます。

6 職員の資質向上の促進 ●人材採用は、法人の採用計画に沿って実施しています。欠員が出た際は状況に応じて事業所で採用も行っています。人材育成は法人本部の「目指す職員像」に基づいて実施し、職員の資質向上に向けた目標が提示され、目標管理シートでチェックし、法人の流れに沿った管理を行い達成度の評価を実施しています。
●法人で年間研修計画を策定し、職員・非常勤職員とも参加可能とし、非常勤職員は勤務時間を考慮し、研修内容はDVDなどで習得しています。研修の旅費、勤務時間、シフト等に関しては配慮しています。所内研修は毎月実施し、入職2年目からテーマを自分で決めて法人運営の3ホーム合同での研修成果の発表会を行い、職員の資質向上に取り組んでいます。
●業務では、正規職員と非常勤職員の組み合わせで業務および運営を円滑につなげ、一緒に働く仲間という意識を大切にしてコミュニケーションを図っています。非常勤職員の指導は介護リーダーが中心となり、面談、資格取得支援等も行っています。
●法人の職員の期待水準については、職員の経験・能力、習熟度に応じた役割が期待水準として明文化されています。事業所では職員面接および、個々の特性を考慮し、役割の区分けを行い、職員の権限の委譲と責任の明確化を図っています。
職員に業務改善のアンケートを実施し、委員会で検討の上、改善を進めています。職員の要望、意向については、目標管理シートを基に面接で把握し、所長からのコメント、助言等を記載して職員に戻し、日々の業務に生かしています。

詳細評価(PDF1,299KB)へリンク