かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク日吉本町第二保育園(6回目受審)

対象事業所名 アスク日吉本町第二保育園(6回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 223 - 0062
港北区日吉本町2-46-24
tel:045-566-6445
設立年月日 2012(平成24)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年07月 〜
使用評価項目 横浜市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の特色】
・立地および施設の概要
アスク日吉本町第二保育園は、平成24年4月開園で、横浜市営地下鉄グリーンライン日吉本町駅から徒歩5分の住宅街にあります。園舎は2階建てで、園舎の南側に108平方メートルの園庭があり、人工芝の屋上園庭もあります。定員60名で、現在0歳児から5歳児まで61名が在籍しています。近隣の駒林小学校や、自然に恵まれた起伏のある鯛ヶ崎公園は、子どもたちの散歩コースとなっています。また、隣接して系列のアスク日吉本町開善保育園があり、行事の際にホールを借りたり、地域情報を共有しています。
・園の特徴
園理念を「子どもには情熱をもってその心をよく観察し、創意工夫をして優美に接しましょう」、園目標を「心も体も元気な子」としています。設置法人から派遣される専門講師によるリトミック、英語、体操教室のほか、幼児教育プログラムやクッキング保育を取り入れ、子どもの楽しむ心や学ぶ楽しさを育んでいます。

【特に優れていると思われる点】
1.落ち着いて遊べるコーナーの工夫
   園では、「環境設定」をテーマに園内研修で取り組んでいます。職員は、他園のレイアウトを参考に話し合ったり、他クラスの工夫している点を取り入れ、コーナー設定やおもちゃの配置など、保育室の環境を見直しています。0歳児クラスでは、背の低い棚に、危険のないよう配慮しながらおもちゃを置き、子どもたちは、自分で取り出して、音の出るおもちゃを振ったり、人形を持って遊んでいます。2歳児クラスでは、一人で人形をおぶったり、ブロック遊びをしたり、カーペットの上で、数人で電車を繋げて遊ぶなど、子どもたちは、年齢や発達に応じて用意されたコーナーで、他の子どもと遊びを広げたり、一人で落ち着いて遊んでいます。

2.いろいろな素材を自由に使った子どもの遊び
  幼児の保育室にリサイクルボックスを置き、保護者の協力も得て、菓子の空き箱やトイレットペーパーの芯、色画用紙の残りなどを集めています。セロハンテープやハサミ、色鉛筆やのりなども子どもが取り出せる位置に置いています。はさみは、閉じた状態で1本ずつ分けてしまえるように工夫したボックスがあり、子どもたち自身で整理ができるようになっています。子どもたちは、さまざまな材料や用具を自由に使い、イメージを膨らませて、自由に製作しています。子どもたちは、素材を組み合わせながら、子ども同士で見せ合ったり、工夫して遊んでいます。製作途中のものは、続きができるように棚に保管し、次の活動に移っています。

3.保護者に園の取り組みを伝える「おたより」の充実
  園だより、クラスだよりを毎月発行し、園の理念や目標、クラスの取り組みを伝えています。3月号の園だよりでは、1年間の保育を振り返り、異年齢交流での子どもの変化や園内研修で改善した環境設定の中で遊ぶ子どもの姿などを載せています。
クラスだよりには、子ども同士の触れ合いの中でのエピソード、子どもたちの中で流行っている遊び、基本的生活習慣の習得に向けた取り組みなどを掲載しています。4月号には年間目標を載せ、1年の流れを子どもの発達状況を取り入れたイラスト入りで分かりやすく示したり、3月号では1年間を振り返り、子どもたちの心身の育ちや友達と取り組んだ行事などの様子を知らせています。懇談会後は「懇談会だより」を発行し、子どものクラスの様子や話し合った内容を欠席した保護者にも分かりやすく伝えるなど、保護者に園の取り組みを丁寧に伝え、連携を取りながら保育を進めています。

【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.異年齢交流の場の確保
幼児クラスの子どもたちは、定期的に異年齢交流を行い、年齢の違う子ども同士が手を繋いで散歩に行ったり、運動会やクリスマス行事に向けて一緒に活動をしています。しかし、園内で、日常的に異年齢の子どもが触れ合う場所の確保は課題となっています。玄関エントランスや廊下の空間などを見直し、異年齢の子どもが自然に触れ合う場の確保の検討が望まれます。

2.地域ニーズの更なる把握と子育て支援への取り組み
園では、地域の子育てニーズについて、隣接する系列園や近隣の子ども専門の本屋から情報を得ていますが、職員間で子育て支援ニーズについての定期的な話し合いは行っていません。また、園庭開放や育児相談の利用はほとんどなく、地域住民からの子育てニーズの把握は課題となっています。今年度、音楽家ボランティアによる演奏会を開催し、地域住民の参加を得ました。それらの機会を積極的に活用し、参加者からニーズを聞き取ったり、職員間で地域の子育てニーズについて検討し、園の専門性を活かした子育て支援に取り組んでいくことが期待されます。


評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

保育課程は、子どもの最善の利益を「子どもの幸せになること」と考え、毎年人権研修を実施する中で確認し、子どもの最善の利益を第一義に作成しています。

・子どもに対して威圧的な言葉かけや無視などの不適切な保育が行われていないか、昼礼や職員会議で振り返っています。

・子どもが人前で話したくないようなときは、廊下や事務室など他の目が気にならない場所で話し合っています。プライバシーに配慮して個別に話し合える場所として、相談室や事務室を利用しています。

・職員は、設置法人作成の個人情報保護マニュアルをもとに、守秘義務の意義や目的について入社時研修を受けています。実習生やボランティアの受け入れ時に、個人情報保護について説明し、誓約書を提出してもらっています。

・職員は、入社時に性差による区別を行わないよう研修を受け、遊びや行事での役割、衣装などは、子どもたちが自由に選べるようにしています。

・虐待対応マニュアルがあり、職員は虐待の定義、対応などについて入社時研修で学び、また職員会議で虐待について勉強しています。虐待が明白になった場合や疑われる場合は、設置法人に連絡し、横浜市北部児童相談所と港北区福祉保健センターに通報することになっています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・入園前面談で保護者に子どもと一緒に来てもらい、園長や主任が提出書類を基に面談し、子どもの個別の状況の把握に努めています。

・0〜2歳児クラスは、連絡ノートにその日の子どもの様子などを細かく記載するほか口頭でも伝え、保護者との連携を密にしています。3〜5歳児に関しても、保護者から申し出があれば連絡ノートを使用しています。

・0〜2歳児及び特に配慮が必要な子どもには、個別指導計画を作成しています。個別の課題がある場合はクラス内や職員会議で話し合い、職員からの意見も参考に、個別指導計画を作成しています。

・進級時には「児童票」を基に、次の担当に引き継いでいます。特に引き継ぎが必要な事項は、備考として児童票に記載しています。

・子どもの年齢・興味に合わせて、ブロック、ボール、ままごとセットやぬいぐるみ、絵本、三輪車などを子どもの視線に合わせた棚に置き、自分で取り出せるようになっています。子どもの発達に合わせて、棚やパーテーション、マットでコーナーを設定し、子ども自身で好きな遊びが出来るよう環境設定しています。

・発達状況に合わせて、乳児はマットで作った斜面の上り下り、手遊び、リズム遊びなどを取り入れています。幼児では、廃材を使った製作やピアニカ演奏などで、表現の幅を広げるようにしています。

・幼児は、色鉛筆、糊、ハサミ、折り紙、小麦粉粘土、リサイクルボックス内の廃材なども自由に使って、好きなものを描いたり作ったりしています。

・気候の良い時は、園庭・屋上や公園に出かけています。日差しが強い時は、屋上や園庭にネットを張り、紫外線対策、暑さ対策を行っています。

・子どもたちの発達に応じて、散歩先を園周辺、階段や坂道、斜面で遊べる鯛ヶ崎公園など、運動能力を高められるよう散歩先を変えています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・玄関に意見箱を置き、クラス懇談会、行事後の保護者アンケートで、保護者意見や要望の把握に努めています。

・苦情・要望申し出の外部の窓口として、港北区福祉保健センター、横浜市福祉調整委員会の連絡先を明示し、園単独で解決できない場合には、港北区福祉保健センターと連携して対応する仕組みがあります。

・設置法人作成の安全管理マニュアルと事故防止対応マニュアルがあり、入社時研修と階層別研修、職員会議で周知を図っています。非常勤職員は、入職時に園長から説明を受けています。

・園内にAED(自動体外式除細動器)を設置し、看護師の指導でAED操作方法、心肺蘇生法訓練を園内研修として毎月行っています。職員3名が、日本赤十字社の幼児安全法養成講習を受講しています。

・子どものケガや事故は、必ず園長、看護師に報告し、保健日誌に記載すると共に、クラスノートに記載し、お迎え時に保護者に伝えています。

・子どものケガは、状況により「けがの記録」又は「アクシデントレポート」に記録し、昼礼や職員会議で報告・情報共有し、再発防止策を検討し、改善を図っています。昼礼では、他園でのヒヤリハット、アクシデント事例を参考に情報共有して、事故防止に努めています。

4 地域との交流・連携

・地域の子ども専門の本屋から地域の子育てニーズを聞いたり、港北区の福祉に関わる団体・住民が意見交換や学びあうためのプロジェクトに参加して、情報を得ています。

・地域住民に向けに、今年度、地域住民・乳幼児向けに音楽鑑賞会を開催し、数名の親子の参加がありました。

・定期的に、地域の子育て支援ニーズについて職員間で話し合うことが望まれます。

・地域の子ども向け書店に、園パンフレットやお知らせを置いてもらっています。園だよりを門扉に貼り、地域住民に情報を提供しています。地域の子育て支援NPO法人に、園の情報を毎年提供しています。

・週一回園庭開放を行っています。園にAEDが有ることを、門扉に掲示して知らせています。

・5歳児が、駒林小学校の1年生との交流会を行っています。日吉台西中学校2年生の職場体験学習を、受け入れています。

・戸外活動で近隣の鯛ヶ崎公園や綱島のログハウスなどを利用しています。ハロウィンは、近隣の本屋さんの協力を得て実施しています。「鯛ヶ崎子育て通信」を玄関に掲示し、保護者が地域の行事や子育て情報を入手できるよう配慮しています。

・地域の保育園との年長児ドッジボール大会に、4歳児と5歳児が合同で参加しています。5歳児が近隣の高齢者施設を訪問し、交流しています。

・設置法人のホームページで、園の日々の出来事や活動の様子を、コメント付きの写真で掲載し、園見学が随時できることを掲載しています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・組織・職員が守るべき法・倫理・規範などについては、職員には入社時研修で周知しており、就業規則に、倫理規程、服務規程を明記しています。また、コンプライアンス委員会を設置し、内部通報制度を職員に周知しています。

・他園の不正、不適切な事例は、アクシデント事例として昼礼などで職員に周知しています。重大案件は、自園で発生した場合の対処法や未然防止策を話し合い、検討結果を設置法人に提出しています。

・ゴミ減量化・リサイクルの取り組みとして、4、5歳児クラスにリサイクルボックスを設置し、集まった空き箱、トイレットペーパーの芯、牛乳パックなどを、子どもたちが、製作に利用しています。また、コピーでの裏紙使用をしています。

・設置法人の運営方針・基本方針と、園独自の園理念を園玄関に掲示しています。

・園長は年度末の職員面談で、理念や基本方針が理解できているかを確認しています。

・行事の変更について、事前に保護者に懇談会で説明して意見を聞き、11月の園だよりで変更内容を報告しています。

・事業運営にかかわる情報の収集・分析は設置法人の担当部署で行っています。園長は、港北区園長会や設置法人の園長ミーティングなどで情報を収集し、職員会議で職員に周知しています。

・平成29年度からの5年間長期計画目標と平成29年度から31年度までの中期計画を策定しています。

・設置法人は、次代の組織運営を展望し、本部組織の改編や保育所の新設などを検討しています。

6 職員の資質向上の促進

・設置法人策定の「保育士人材育成ビジョン」に、経験年数、職階別に役割・期待水準が明文化されており、全社員に配付して内容の周知を図っています。

・年3回、自己査定制度があり、個人目標について本人が自己評価し、園長が面談で達成度評価をしています。

・設置法人の研修担当者が、研修計画を作成し、経験年数に応じた階層別研修の受講は常勤職員に義務付けられています。自由選択研修は非常勤職員も受講することができます。

・園内研修は、手遊びと保育環境の整備を今年度のテーマとして取り組んでいます。嘔吐処理研修や看護師が指導する心肺蘇生法研修には、非常勤職員も参加して学んでいます。

・非常勤職員は、常勤と同様の保育園業務マニュアルを使用し、非常勤職員も常勤職員と同様に園の状況を把握できるよう、職員会議録、研修報告書などを回覧するほか、「申し送り帳」を必ず確認してから業務にあたるようにしています。

・定期的に開催する園長会議で得た他園の工夫事例や改善事例を参考に、職員会議や昼礼などで勉強会を開いています。

・職員は前月の振り返りの中で自己の保育技術、保育内容を自己評価し、翌月の計画に反映、改善するよう努めています。

・園の自己評価は、3月に、クラスの振り返りと園の振り返りを行い、クラスだよりや園だよりで、保護者に知らせています。

・実習生受け入れマニュアルがあり、実習前に園長がマニュアルに基づいて、園内を見学後に園の保育方針、子どもたちや保護者への配慮、個人情報保護などを説明しています。

詳細評価(PDF675KB)へリンク