かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク東門前保育園(7回目受審)

対象事業所名 アスク東門前保育園(7回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社 日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 210 - 0817
川崎区大師本町9−11 ケアネットシティ3F
tel:044-270-3412
設立年月日 2011(平成23)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年05月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の概要・特徴】
・立地および概要
 アスク東門前保育園は平成23年4月1日に開所された1歳児から5歳児までの定員60名の中規模園です。園は京急大師線の川崎大師駅より徒歩5分の川崎大師東門前に立地しています。建物は2階に高齢者のデイサービスなどが入居している3階建の鉄筋コンクリート造りで、建物の屋上には人工芝の園庭を有しています。近隣には「川崎大師公園」をはじめとして、多くの自然に恵まれた公園があり、また、多摩川の河口付近の河川敷には、庭に人工の丘などを配した「大師河原干潟館」などもあり、園は子どもの発達状況などに応じて、選択して散歩や運動などに利用しています。
・特徴
  園は「みんな友だち いっしょに歩こう」を職員の総意で園目標として打ち出し、これを保育課程、指導計画の根本として位置づけ、全職員一丸となって保育にあたっています。また設置法人から派遣された「英語教室」「体操教室」「リトミック」などの専門講師による教育プログラムを導入しています。

【特に優れていると思われる点】
1.川崎大師の、数多くの伝統的文化行事にふれあう子どもたち
隣り合わせの川崎大師が行う、節分、花祭り、風鈴市、七五三などの年中行事を、子どもたちは散歩の途上で、川崎大師の本堂前に入って種々体験しています。園に帰ってからも、自分たちの遊びの中に取り入れたりして、幅の広い、貴重な体験の機会を得ながら、子どもたちは園生活を楽しんでいます。

2.各クラス共通の「今月のうた」で盛り上がる「お誕生日会」
毎月、全園クラス共通の「今月のうた」を定め、1歳児から5歳児まで保護者にはクラスだよりで通知しながら、家庭での協力も求め、園内では、各クラスでいろいろな歌を合唱しながら、必ず「今月のうた」を歌い、皆が覚えます。家庭での協力もあって、全園児が「今月のうた」を覚えたころに、月のお誕生日会が開催されます。お誕生日会での、1歳児から5歳児までの「今月のうた」の大合唱はその場で披露され、会を大きく盛り上げます。

3.年4回の地域親子向け「おたのしみ会」
 就園前の子どもを持つ親子を対象に、年4回、「おたのしみ会」を開催して、園の紹介や園内見学を兼ねて、お面つくりなどの親子製作や、パネルシアター、手遊び、身体測定、手形・足形とり、などを行っています。中でも、屋上園庭に「移動水族館」を招いたイベントでは、地域の親子30組もの参加を得ています。
【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.事業計画、中期計画の遂行に総合力を
園長は、明解な中期計画をもとにした、事業計画を進めています。今後に関しては、さらに、各課題を職員一人一人の課題として振り分け、全職員の総合力で、計画の遂行に向かうことを期待します。
 
2.ボランティアの受け入れに積極性を
園はここ数年、ボランティアを受け入れていません。ボランティアや学生の職業体験などを受け入れることは、子どもが園で生活する中で、生活の広がりに寄与するという役割が期待されます。関係する機関にも働きかけて、受け入れに対する努力が望まれます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・理念や基本方針には、「子どもの自ら伸びようとする力、後伸びする力、五感で感じる保育」などを明示し、「みんな友だち いっしょに歩こう」を園目標とし、子どもを尊重した保育サービスの提供を掲げており、「保育課程」「年間指導計画」「週案」などに反映しています。

・保育園業務マニュアルに子どもの接し方などが明示されていて、子どもの気持ちに寄り添い、子どもの意思を尊重したサービスが実施されています。日常の遊びでは、棚にある玩具を自由に選べるようにし、「今日はこの遊びをしたい」と発言があれば、子どもと一緒に決めています。子どもの尊重や基本的人権については、入社時研修で学び、また年度初めの職員会議で話し合い、子どもの人権を尊重することの大切さ、声かけの仕方などについて、全職員が学ぶ機会を設けています。

・職員は、設置法人の入社時研修、階層別研修、自由研修時などで、プライバシー保護の研修を全員が受講し、基本的な知識、社会福祉事業に携わる者としての姿勢や意識を持つように留意・喚起に努めています。子どもや保護者に関する情報を外部とやりとりする必要が生じた場合は、個人情報保護規程に基づき対応し、事前に保護者に了解を得て実施しています。

・職員は、子どもたちが話しやすい環境を作るために、子どもたちの一人一人の気持ちを受け止め、保育士自身がゆったりとし落ち着いた気持ちを常に持つように心がけ、子どもが何をしたいか、汲み取り、寄り添うように努めています。

・職員は、朝の受け入れの際、保護者から家庭での様子を聞きながら、会話をし、観察をしています。虐待の疑いがあれば、設置法人と連絡をとり、児童相談所など関係機関と連携し対応することになっています。子どもの着替え時やプールに入る時、身体測定時などに注意を払い、よく観察して、早期発見の取り組みをしています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・毎年の第三者評価受審時アンケートや、5月親子試食会、春のクラス毎親子交流会、夏祭り、運動会、秋の親子遠足、生活発表会、1月親子クッキングなどの行事後アンケートで、保護者に意見、要望を聞いています。年に2回の個人面談、クラス懇談会で保護者の意向や要望、満足度を把握しています。

・年齢、発達に応じた大きさのブロックや積み木、ぬいぐるみ、おもちゃ、電車、絵本、教材などが用意してあります。子どもが取り出しやすい棚や場所に、おもちゃや絵本が準備してあります。乳児クラスでは、その都度、職員が用意しています。午後の自由時間では、4、5歳児は自分たちの遊びたいおもちゃを取り出して、それぞれの場所に分かれてコーナーを作り、自由に遊んでいます。

・園では、七五三、節分、ひなまつりなどの日本の伝統行事から、ハロウィン、クリスマスなどの外国の伝統行事など、季節季節の行事を園プログラムに取り入れています。また、隣の川崎大師で行われる、夏の風鈴祭りや、秋の菊花展など、四季折々の行事を子どもたちは散歩で体験しています。

・子ども一人一人の個人差に配慮し、生活に必要な基本的習慣を身につけるように支援しています。乳児クラスでは、食事は一人一人のペースで落ち着いて食事ができるように見守り、できないことを職員が介助しています。また、食事の進行に関しては、無理強いせず、食事の量は子どもに合わせて調整しています。1歳児は、「おいしいね」と話しながら、「いっぱい食べたね」と共感して声かけし、3、4歳児は食事の前に、今日のメニューを伝え、ナスやほうれん草の野菜の名前を教えて、興味を持つようにしながら食事をしています。

・トイレに関しては、個人差を尊重し、一人一人の排泄間隔を考慮し、無理をしないように支援し、トイレットトレーニングは2歳児の後半位から行っています。おむつからパンツへの移行は、適切と思われる時期に保護者に話しかけ、家庭と協力をしながら行っています。

・着替えは、外で遊んだ後、保育室の隅やロッカーの前で行っています。歯磨きは2歳児から始め、仕上げ磨きは3歳児位まで職員が行っています。

・午睡や休息は、子どもの月齢に応じて長さや時間帯を考慮し、静かに安心して眠りに着けるように、明かりを落とし、カーテンを閉めて暗くしています。また、5歳児は11月頃から、段階的に午睡の時間を短縮しながら、2月には完全に無くし、就学準備をしています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・見学については、不審者対策もあり、原則電話予約としていますが、出来るだけ保護者の希望に添うようにしています。見学後にはアンケートの提出を願い、子育て相談を受けることもあります。

・入園にあたっては、保育園の必要とされる内容を網羅した「入園のご案内(重要事項説明書)」を保護者に説明しています。契約については保護者と川崎市が行い、保護者が園の料金やサービスの内容について、同意・承諾した後に発行される「入所承諾通知書」に基づき、サービスを開始しています。園長と設置法人担当者は、川崎市からの「通知書」受け取りより早く、川崎区の「利用調整会議」で配布される、入園予定者の「リスト」により、事前に情報を入手して、受け入れに対応しています。

・入園に際しては川崎市や設置法人が定めた、保護者が記入する「入園時児童家庭調査票」「児童健康調査票」「児童票」を提出してもらい、園ではそれを基に「入園前面談」を行い、子どもの心身の状況や家庭状況を把握しています。入園時面談でのヒアリング結果は「面談シート」に記入し、個人別児童票にファイルし、情報は全職員で共有しています。

・保育課程は各年齢別に養護・教育、を各年齢のクラス担任が中心となり、複数職員の参加で作成し、全体は園長がまとめています。保育課程・指導計画作成責任者は園長がこれにあたります。

・指導計画は、保護者運営委員会の意向も取り入れ、クラス担任、栄養士の合議で作成し、園長も入って合議・決定しています。月案、週案、日案には達成度の評価、振り返り欄を設け、保育サービスの実施状況を絶えずモニタリングしています。

・アレルギー食はほかの子どもとの違いがわかりやすいように、少しテーブルを離し、黄色のトレイを使用しています。宗教食の必要がある場合は、アレルギー食と同様の対応を行うようにしています。

・健康診断は、1歳児については毎月実施し、2歳児以上は3か月に1回行い、歯科健診は年1回行っています。健診後は「個人健康記録表」に記録し、その結果は全職員が共有しています。健康診断、歯科健診の結果は、保護者に「健康診断結果のお知らせ」の書面にて知らせ、個人別に口頭でも伝えています。必要に応じて、園医や嘱託歯科医からコメントやアドバイスを保護者へも伝えています。

・「事故防止対応マニュアル」「感染症・食中毒マニュアル」により園長は、園内外の安全確認や園周辺地域の感染症情報の入手など、日頃から注意を払っています。子どもの安全確保に関する責任者は各クラス担任でこれを担い、「安全チェックリスト」に、毎日、毎月のチェック項目を定め、各項目に沿ってクラスを回り、クラスの設備や備品類の点検、記録を行っています。チェックリストから浮かび上がった「問題点・課題」については、職員会議やクラス会議に提起し、改善対策を実行しています。

・立地条件を把握し、園舎屋上、一時避難場所(川崎大師小学校)、広域避難場所(大師公園)への避難訓練を行っています。大きな収納棚は壁に固定し、背の低い収納棚はコの字状に組み合わせ、安定を図り、下には滑り止めシートを敷いています。各職員の非常時対応は消防計画の中に詳細に決められていて、園長を責任者とした職員の災害発生時体制があります。

・苦情受付担当者、苦情解決責任者、第三者委員を設置し、苦情解決の体制を完備しています。苦情を申し出た保護者には、経緯や今後の対応策などを、園長がすみやかに報告するようにしています。プライバシー保護に配慮した上で、苦情、要望内容や解決策を運営委員会や、園だよりで伝えています。

4 地域との交流・連携

・園の情報は、園のホームページのほか、川崎区役所に園パンフレットを置くなどして発信しています。また、川崎市のホームページ、川崎市川崎区発行の「こんにちは川崎区の保育園です」や、川崎区役所大師支部の「ふれあい新聞」でも、「おたのしみ会」など園情報を発信しています。

・園では、就園前の子どもを対象に、年4回、地域の親子向けに「おたのしみ会」を開催して、園の紹介や園内見学を兼ねての親子製作(お面つくりなど)、パネルシアター、手遊び、身体測定、手形・足形とりなどを行っています。「おたのしみ会」の一つのイベントとして、園では屋上園庭に、「移動水族館」を迎え、地域、近隣の保育園児を招待するとともに、地域の未就園児にも参加を呼びかけました。結果、30組の地域親子の参加が得られ、大盛況なイベントとなりました。

・園長は川崎区の幼保小連絡会に出席して、小学校と保育園の情報交換を行い、年長児の担任は「年長児実務担当者会議」に出席して、地域での就学予定の子ども同士の顔合わせや交流保育を計画し、実行しています。また、年長児担任は小学校の授業を参観して、小学校の先生からの話をうけて、お便りなどで保護者に話の内容を発信しています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・理念や基本方針には、「子どもの自ら伸びようとする力、後伸びする力、五感で感じる保育」などを明示し、「みんな友だち いっしょに歩こう」を園目標とし、子どもを尊重した保育サービスの提供を掲げており、「保育課程」「年間指導計画」「週案」などに反映しています。子どもの尊重や基本的人権については、入社時研修で学び、また年度初めの職員会議で話し合い、子どもの人権を尊重することの大切さ、声かけの仕方などについて、全職員が学ぶ機会を設けています。

・福祉サービスに従事するものとして、遵守すべき法令・規範・倫理などを示すものとして、全国保育士倫理綱領や設置法人のコンプライアンス委員会への案内を職員の更衣室の壁に貼りだしています。

・保護者には入園のご案内やホームページで運営理念・基本方針をわかりやすく説明しています。園目標「みんな友だち いっしょに歩こう」を玄関に掲示しています。入園説明会で園長が「入園のご案内」(重要事項説明書)をもとに運営理念や基本方針を保護者に説明し、理解が深まるようにしています。

・園は理念・基本方針の実現を踏まえた5年間の中期・長期計画を策定し、実施している保育サービスの現状分析を行い、課題を明確にしています。中期計画では、職員育成、地域支援、災害対策を掲げ、具体的な内容が明記されています。

6 職員の資質向上の促進

・設置法人の運営規程に人事管理など基本方針が明記され保育園運営に活かされています。運営規程および「人材育成ビジョン」により、職員の入社後経過年数ごとの査定シートが作成され、定期的な査定のたびに、職員本人の設置法人が期待する達成レベルへの達成状況が把握されています。

・職員は年度初めに「個人別年間研修計画」を提出し、園長面談を行い、その際園長は人事考課の目的などを説明しています。各職員には査定後必ず結果や査定理由の説明を行っています。職員一人一人については、設置法人が行う「入社時研修」「階層別研修」「自由選択研修」があり、設置法人は職員にとって必要な研修テーマを用意しています。研修受講後は必ず報告書を作成、提出し、内容は閲覧可能にしています。研修結果は職員会議で発表し、必要なものは、園内研修の場で報告会を行っています。受講した本人は、研修の意義の有無を判断し、その点もレポートしています。

・園長は管理する職員の出勤簿や残業簿を絶えずチェックし、園の人事状況を把握しています。各園の人事状況は、園長、スーパーバイザーと相談し、園での適正人員などの問題が出た場合には、応急策として系列他園からの応援を頼むケースもあります。

・実習生の申し入れ受付から本部への報告、身元確認(身分証明書確認)など基本手続きが決められていますが、本園ではここ数年、実習生は受け入れていません。実習生を受け入れ、指導することは、将来の保育人材の確保に加え、職員の保育内容や保育姿勢を見直すきっかけともなりますので、積極的に受け入れることが望まれます。

詳細評価(PDF616KB)へリンク