かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

小学館アカデミー新ゆり山手保育園(4回目受審)

対象事業所名 小学館アカデミー新ゆり山手保育園(4回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社小学館集英社プロダクション
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 215 - 0004
麻生区万福寺4-19 プライムアリーナ新百合ヶ丘 1階・2階
tel:044-959-2153
設立年月日 2011(平成23)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年04月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 株式会社 R−CORPORATION
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【概要・立地面での特色】
小学館アカデミー新ゆり山手保育園は、株式会社小学館集英社プロダクションの経営です。株式会社小学館集英社プロダクションは東京都千代田区に本社を置き、1都3県に認可、認証保育園を展開し、神奈川県下では川崎市・横浜市に認可保育園を運営し、(ここで、区切ったらいかがでしょうか。運営。)「楽習保育?」を特徴とした保育理念により、小学館アカデミー全園で一貫した保育を実践しています。小学館アカデミー新ゆり山手保育園は小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩5分、大きな交差点の角に立つプライムアリーナ新百合ヶ丘マンションの1階部分にあります。新百合ヶ丘駅周辺は計画的に都市開発された地域で、町並みは美しく、「都市景観100選」にも選定されています。多摩丘陵の丘を切り開いて新都市計画に沿って作られた都市のため、広い道幅の道路、高層住宅を中心とした街並みの中に自然を残す工夫がなされ、「鶴亀活公園」、「王禅寺ふるさと公園」、「万福寺さとやま公園」、「万福寺もりの丘公園」等の意図的に自然を残した都市開発と共に、自然のままの姿・風景も見られる地域です。小学館アカデミー新ゆり山手保育園は、保育室に加えて2階に独立した遊戯室を持ち、体を動かす環境、設備が整った保育園です。


【特に良いと思う点】

【1.楽習保育?の確立】
小学館アカデミー保育園では、首都圏の保育園を開設以来、理念を『「あったかい心」をもつ子どもに育てる』に据え、保育の柱を「楽習保育?」に置いて推進してきました。楽習保育?は「ラーニングセンター」、「本育?」、「ネイチャープログラム」、「リズミック」、「コミュニケーションプログラム」、「入学準備プログラム」が固定化され、楽習保育では「?」(商標登録マーク)を取得し、楽習保育?を柱として確固たるものに成長しました。今後の展開の基礎が確立出来たと評価できます。


【2.本育?の推進】
楽習保育?と共に、本育も「?」(商標登録マーク)を取得し、「本育?」として推進しています。楽習保育?との違いは、“楽習”保育として身近に楽しく保育の柱に据えた保育理論、システム性にあるのに対し、本育?は、本、絵本の活用により子どもの豊かな成長を育むプロセスにあると考えます。法人事業の基礎である「本(活字)」を表現した、本育?のイラストもできました。“1日1回の読み聞かせ”に力を入れて連動を図り、保育の根幹の1つとしてさらなる本育?の発展に期待されます。


【3.職員の連携・危機管理・意識改革・共通理解】
昨年度は「30秒の誓い」を唱和し、小学館アカデミー保育園全園で取り組みました。この活動で1つのことを同じ目線で考えられる体制が整えられました。今年度はこれをさらに進めて1つのことを職員の連携で対応できるようレベルアップし、連携により危機管理・意識改革・共通理解ができる体制を進めています。組織として、担当係、園内プロジェクトとして職員同士が連携を図ることに力を入れ、有機的な組織作りに取り組んでいます。園長は、1+1⇒3〜4の力が発揮できるよう考えています。

<さらなる改善が望まれる点>

【1.楽習保育?の定着】
小学館アカデミー保育園の楽習保育?は保育の幅を広げる点でほぼ完成に近いと思います。ラーニングセンター、本育?、ネイチャープログラム、リズミック、コミュニケーションプログラム、入学準備プログラムとやるべき項目は揃い、職員個々の手法も益々広がりをみせています。これを更に進化させるには根本となる保育理論の構築も望まれます。例えば、モンテッソーリの保育理論、ピアジェの構成論が挙げられます。他については、先に理論ありきですが、楽習保育?は実践から構成される理論となっていくよう期待いたします。

【2.さらなる職員の資質向上に向けて】
前述の如く、1つのことを職員の連携で対応できるようレベルアップを図り、職員のベクトルを合わせて進んでいく体制が整い、職員の各々が持つ得意分野を通常の業務に相乗して個々の得意分野を生かすことができれば、より一層の質の高い保育が提供できるようになります。しかし現状、ベクトルの合致を図りこれからスタートする段階にあると捉え、担任の職務の枠の中で普段の保育を進める以外に個人の得意分野を伸ばすのは時間を要するとのことですが、得意分野が発揮できた時、保育に厚みが出ると思われます。

【3.楽習保育?の保育理論化】
小学館アカデミー保育園の「楽習保育?」は、保育の幅を広げる点でほぼ完成に近いと思います。ラーニングセンター、本育?、ネイチャープログラム、リズミック、コミュニケーションプログラム、入学準備プログラムとやるべき項目は固定化され、職員個々の手法も益々広がりをみせています。これをさらに進化させるには根本となる保育理論の構築も望まれます。例えば、モンテッソーリの保育理論、ピアジェの構成論が挙げられます。楽習保育?については、実践から構成される理論となっていくよう期待いたしております。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

●職員は、子ども一人ひとりの個性を理解し、共感し合えるよう子どもの立場に立って物事を考え、子どもの気持を受け止めるよう努めています。また、自分の意見をはっきり言える環境作りに努めています。性差等の先入観や、固定的観念による言葉掛けは慎み、個々の子どもの好みや得意な面を大切にして伸ばすよう、体験を加えた楽習保育?及び保育理念についての研修を受け、保育に当たっています。人権についての研修は園内外で受講し、児童憲章等法令を遵守し、子どもの人権を最優先にした保育を心がけています。

●虐待の早期発見については、施設運営の手引きに沿い、子どもの心身の状態、不適切な養育等に留意し、朝の視診を大切にして日常保育の中で変化に気付くよう早期発見に努めています。また、職員間で情報交換を密に図り、気になる状態については迅速に園長に報告し、関係機関等との連携により適切な対応ができるよう体制を整えています。

●プライバシー保護に関するマニュアルを整え、個人情報に関しては重要事項説明書に明示して保護者から同意を得、情報を外部と取り交わす必要が生じた場合も同意を得ています。プライバシー保護については、特に肖像権について、入園前に書面で取り交わして承諾を得た上で掲示、掲載を行い、夏季のプール時にも十分配慮しています。職員に対しては、守秘義務について常に周知し、配属前研修等を受講して理解し、入職時に誓約書を提出しています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

●利用者満足の把握に向けて、日々、保護者とのコミュ二ケーションを大事にし、子どもの成長を共に喜び、信頼関係作りを心がけ、懇談会、保育参観、個人面談、行事後のアンケート等から意見を抽出し、保育に反映させています。園全体に関する利用者満足については、連絡帳、意見箱の設置、保護者会、運営委員会を通して意見等を聞き、利用者満足の向上に役立てています。運営委員会の議事録は掲示して保護者に知らせています。子どもに対しては、信頼関係を大切にして優しく接しています。

●相談や意見が述べやすい環境作りの工夫では、保護者と連絡帳でのやりとりを密にし、信頼関係を大切にし、担任をはじめ、園長とも話しやすい雰囲気作りに努めています。子どもの希望や意見は、日々の保育の中から吸い上げ、意見を尊重し、遊びに取り入れて柔軟に展開する等、子どもが主体的に活動できるようにしています。苦情解決の仕組みは、園のしおりに記載し、苦情解決責任者・第三者委員を設置し、直接苦情を申し出ることができることを掲示し、保護者に知らせしています。マニュアルは随時、見直しを行っています。

●職員は、個々の子どもの家庭・生活環境を把握した上で、子ども同士のトラブルに関しては、双方の気持ちを代弁し、表現の仕方を伝え、子ども同士で互いを認め合えるよう援助しています。気になる子ども、配慮が必要な子どもについては個別指導計画を作成し、職員間で情報共有を図り、その子の性格や特性を考慮しながら園生活が送れるよう全職員で支援し、また、子ども同士の関わりの中から共に育まれるよう援助しています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

●園の必要な情報は、川崎市のホームページ、園のホームページ・ブログや、麻生区子育てガイドブックや、川崎市子育てガイドブックにも掲載して情報を提供しています。27年度より、麻生区ホームページのイベントカレンダーに子育て支援企画予定に掲載しています。慣らし保育を実施し、これまでの集団保育経験や年齢、家族状況を考慮して計画を立て、それぞれの状況に応じて配慮しています。また、降園時にその日の様子を連絡帳や掲示物で伝え、口頭でも細かく伝えるようにし、保護者の不安軽減に努めています。

●法人独自の保育課程、園独自の保育課程を基に年間保育計画を作成し、養護、教育、各領域を考慮し、月齢ごとに月案・週案・日案を立案して職員間で共有しています。年間指導計画は、看護師による保健計画、栄養士による食育計画も加味してきめ細かく策定しています。また、指導計画に基づいて保育を実施し、適切に記録を行っています。1

●提供するサービスの実施方法については、年間保育計画に沿って保育を実施し、運営は施設運営の手引きに基づいて保育を実践しています。職員は配属前研修を受け、研修テキストを各自保有及し、配属後も園長や法人本部担当者が実施の確認を行い、必要に応じて個別指導を受けています。子どもに関する実施状況は、所定の記録書式(児童票、健康記録、面談記録等)から確認し、日々の記録は保育日誌に記入しています。記録内容や書き方については、職員個々に差異がでないよう園内研修や勉強会で統一ある記載に努めています。

4 地域との交流・連携

●川崎市、麻生区の子育て情報誌に保育園の情報や子育て支援企画の紹介をしています。また、ホームページ、ブログでも園の情報及び近況を発信しています。地域交流、子育て支援、見学などの参加者にはパンフレットを配布しています。園見学の希望は随時受け付け、見学者の都合の良い日時を配慮して設定し、何組か一緒に案内しています。園では年間100組以上の園見学者が来訪します。

●地域の子育てでは、子育て支援育児講座や、遊びの会を開催し、地域交流時には利用者に身長・体重を測定し、カードに記入して持ち帰ってもらっています。また、地域の方を運動会や発表会に招待し、保育園を理解してもらう機会を設け、地域の子育て親子と交流を図っています。また、小学校の体育館を運動会で借用する等、交流を持っています。地域の関係機関とは連携を図り、子育て支援活動の情報を地域に提供しています。ボランティアは、登録手続きや事前説明に関するマニュアルを整備し、いつでも受け入れの準備を整えています。

●関係機関との交流、団体との連携では、麻生区の公立・私立の園長会に出席し、民生委員、児童委員との会議、幼保小連絡会に出席し、交流計画や情報共有を図っています。地域の福祉ニーズを把握するための事業及び活動を行い、児童相談所、町内会、医療機関の連絡会にも参加して地域の情報、ニーズの把握に努めています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

●保育理念、保育方針はホームページ、園のパンフレット、入園のしおりに掲載し、常に目につくよう園内にも数か所掲示を行い、保護者に説明をして理解を促しています。職員の行動規範は、4分冊に分割した施設運営の手引きに詳細に記載され、保育の実践に規範となる内容になっています。理念、基本方針の実現に向けて、法人本部で中・長期計画を策定し、中・長期計画に沿って目標を設定し、現状分析、課題及び問題を把握し、質の高い保育に向けて取り組んでいます。園独自に「新ゆりマニュアル保存版」を作成し、保育に活用しています。

●園長の役割・責任・職務については、施設運営の手引き等で明文化されています。職員は、理念、保育方針について配属前研修で詳しく説明を受け、配属後も法人本部主催の研修で学び、園内研修や職員会議でも確認を行い、保育指導計画に反映するよう努めています。園長は、職員と連携を図りながら円滑な運営に取り組み、保育サービスの質について気を配り、実施上の課題を抽出して改善に努めています。業務の効率化については、主任と共に、組織的に伝達の流れの効率化を図り、経営、改善に向けた運営に努めています。

●サービス内容について、定期的に評価を行う体制を整備し、年間指導計画については定めた時期に評価基準に基づき半期ごと自己評価を実施し、毎月、月目標に対する振り返りを行っています。また、園内プロジェクト活動を展開し、自主性と責任の明確化を図っています。さらに、第三者評価受審を定期的に受審して質の向上に努め、園内プロジェクト、自己評価の結果、保護者からの意見等から課題を抽出し、見直しを図り、行事及びサービス内容の改善への努力を行っています。

6 職員の資質向上の促進

●人材の採用、人員体制に関しては、法人本部で一括採用を行い、法人本部の採用育成課が主体となり採用年間計画を策定して園ごとのバランスを加味し、新卒・国家試験・復職・現職・遠隔地に分け、戦略を立てて人材の確保に取り組んでいます。人員体制については、小学館アカデミー保育園に勤める職員として求められる職員像及び、その中での行動目標を求めています。また、専門性・社会人性・人間性を総合的に判断し、一般職員から主任、園長への人事管理へとつなげる考え方を定めています。

●園長は、職員と個別面談を実施し、職員一人ひとりに課題を設定して個々の課題に基づき、法人本部の研修を含めた研修計画を作成し、計画に沿って研修を促し、職員の資質向上、専門性を高めるよう取り組んでいます。職員は、研修計画に沿った案内を受け、積極的に研修に参加しています。研修受講後は、研修レポートを作成し、園及び法人本部へ提出し、研修内容は職員間で共有を図り、一人ひとりの資質向上に役立てています。職員は資質向上に向けた自己目標を立て、実績・達成度について自己査定を行い、次の研修計画に反映させています。

●園長は、職員の就業状況や意向を把握し、休暇、福利厚生の確保に努めています。また、有給休暇の消化バランスを確認し、分析した結果を法人本部担当職員と共に検討し、人員体制に関する具体的なプランへ反映させています。小学館アカデミー保育園では、職員に対して半休制度が取り入れています。

詳細評価(PDF1,039KB)へリンク