かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

生田うりぼう愛児園

対象事業所名 生田うりぼう愛児園
経営主体(法人等) 社会福祉法人 厚生館福祉会
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 214 - 0038
多摩区生田7-16-3
tel:044-933-0888
設立年月日 2015(平成27)年04月01日
公表年月 2018(平成30)年04月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 株式会社 R−CORPORATION
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【概要・立地面の特色】
生田うりぼう愛児園は、社会福祉法人厚生館福祉会の経営です。厚生館福祉会は昭和27年2月、川崎市多摩区に厚生館愛児園設立に端を発し、現在、東京都に保育園1ヶ所、川崎市に保育所10ヶ所、小規模保育園2ヶ所、乳児園と学童ホール(小学生対象)を運営し、主として川崎市北部の多摩区を中心に高津区、麻生区、宮前区に保育園を展開しています。法人の理念は「至誠」であり、保育方針を「夢 愛 育ち 学び」に置き、保育目標は、@「豊かな感性・想像性の芽を養い、子どもの夢をはぐくむ」、A「自然・生物に愛情をもち、思いやりの心を育てる」、B「食べ・遊び・眠り、心身共に健康な子どもを育てる」、C「人生に必要な知恵を学び、生きる力をはぐくむ」を受けて、園の目標として、1.「思いやりの心を育てよう」、2.「健康な心体をつくろう」、3.「様々な体験を通し、豊かな感性を身に付けよう」を掲げ、職員一人ひとりがまごころを込めて子どもたちを育んでいます。
生田うりぼう愛児園は、小田急線生田駅から徒歩3分程度、駅から多摩区役所生田出張所を通り抜けて、北側の丘の中腹に位置しています。丘の頂上には生田小学校があり、広場の隣には川崎市北部児童相談所もあり、常に連携を図り、良好な関係ができています。生田うりぼう愛児園の小規模保育事業は、厚生労働省の子ども・子育て支援新制度の地域型保育事業であり、3歳未満児19名定員の小規模保育を実施し、川崎市の方針でのモデル事業としても、手厚くゆとりのある保育が実施されています。また、連携園として同法人の第二厚生館愛児園が設定され、安心して入園できるのが利点です。

<特に良いと思う点>
【1. 生田うりぼう愛児園(小規模保育園)のメリット@】
生田うりぼう愛児園は、定員19名以下の2歳児以下に限定された小規模保育園です。定員は0歳児6名で、1歳、2歳児合わせて13名であり、基本的にクラス担任2名を配置しています。子どもは2歳児以下のため、0歳児の受け入れにおいても年上の子どもとの衝突事故は無く、目の行き届いた保育ができています。特に、広い空間の保育室と、豊かな自然に囲まれた安全な園庭を2つ有し、職員の目が行き届き、安心安全な保育を保障し、理想的な保育園が整備されています。
【2. 生田うりぼう愛児園(小規模保育園)のメリットA】
小規模保育園のデメリットで挙げられる点として、3歳児以上になった場合の処遇です。各市町村3
歳児以上になった場合の受け入れ保育園の確保に、既存園に働きかけ、収容人員確保が課題にもなっています。これらの面については、生田うりぼう愛児園では、3歳児以上の受け入れ先は連携園とし同法人の第二厚生館愛児園が設定されており、小規模での保育を望む保護者には大きな利点と安心を供しています。さらに、子どもの健康管理等についても同法人と同様の書式で管理しており、継続し移行ができ、行事、イベント等に関しても共催で実施する機会が多い点では、小さな頃から慣れ親しんだ連携園に進級できる点は、メリットとして非常に大きいと言えます。

【3. 生田うりぼう愛児園(小規模保育園)のメリットB】
小規模保育園の最大のメリットは、子ども、保護者、保育士とのコミュニケーションにあります。ク
ラス6名の懇談会は、親近感やサークルのような親しみと、他の子どもも自分の子どものように親に
なり、思いやりの「和」が生まれます。5歳児までの保育園の数多い保護者との差がうかがえます管
理者、職員は「子どもの家庭が見える保育園」と表現し、「共に喜び合いながら、共に育てていきた
い」との思いを持ち、全職員で子ども全員の保育が行われている点は大きな特徴です。また、「全職
員子ども一人ひとりを見守る」という言葉そのものが一致する保育園です。

<さらなる期待がされる点>
【1.小規模保育園のデメリットについて@】
一般の6年齢の保育園にあって、小規模保育園に無いものは異年齢の交流が挙げられます。小さな子どもにとってのお兄さん、お姉さんに対する憧れ、年上の子どもが年下の子どもに接することで生まれる思いやりの育みという面では、小規模保育園にとってデメリットの一因とも言えます。しかし、生田うりぼう愛児園では、連携園として同法人の第二厚生館愛児園が母体となっている点では、行事等での合同保育、異年齢での交流が図られています。現状、十分補える保育はされていると思いますが、連携園での2歳児以下の園児と比較をする機会を得て、さらに、良い方向性へと検討されることを期待しています。

【2.小規模保育園のデメリットについてA】
遊び、生活において、衝突事故も無く、目の行き届いた保育ができるメリットは、子どもにとって反面、完璧に守られた過保護な面もうかがえます。保護者は絶対に子どもの安全を希望しますが、大きな括りの安全をミクロで捉えた場合、安全だけでは成長過程の偏りが懸念されます。顔面から転ぶ子どもの話があるように、様々な状況に対応できる子どもの育成も保育の1つの責務です。広い園庭に、5歳児と2歳児が混在しながら上手に遊ぶ世界を子どもたちにどう見せるかの課題はあると思います連携園との話し合いの中でも「機会」等をさらに増やすことを検討できると良いと思います。

【3.職員のさらなる質の向上】
小規模保育園の運営は、一般の保育園と異なります。今後、小規模保育園としての保育体験はさらに検討され定着していくことと思いますが、これまでの取り組み方の踏襲では及ばない新たな方式が必要と思われます。行政は待機児童の解消の一環が方針であり、小規模保育事業、小規模保育園のあるべき姿が実際に視野に入っているか否か懸念されますが、しかし、管理者をはじめ、職員共々、柔軟に捉え、新しい小規模保育園のあるべき姿と連携園と一体となりながら、保育士の役割について考えられるよう一層の努力を期待しています。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

●生田うりぼう愛児園では、子ども一人ひとりに合わせた、きめ細やかな対応を行い、各年齢の活動に加え、一人ひとりの発育、成長に合った保育を実施しています。また、低年齢の子どもが、干渉されず主体的に遊べるようコーナーを設定し、玩具も遊びたいものを取り出し易いよう配慮しています。子どもが休息したい時は落ち着いた空間を確保する等、個人差、発達段階に応じた対応を心がけています。

●子どもの意思を尊重した保育の実践に努め、日誌の配慮事項に個々の特質について記載し、カンファレンスで共有を図り、職員間で個々の成長を確認しています。職員は、外部の人権の研修に参加し、受講後は職員会議等で報告し、職員間で知識を深めています。虐待の早期発見については、マニュアルを整え、視診や記録を大切にし、変化に気付くよう留意しています。園の隣には川崎市児童相談所があり、密に連携を図り、相談、助言を受け、支援を行っています。

●個人情報に関して、重要事項説明書に明示し、入園時に説明を行い、「個人情報使用同意書」に保護者から同意を得ています。特に、園外での写真使用、展示に関しては再度、保護者に同意を得ています。プライバシーの配慮では、各年齢の発達の様子の理解に努め、保護者の希望、子どもの気持ちに寄り添い、取り組んでいます。子どもの羞恥心については、子どもを尊重し、気持ちに寄り添い、特に、トイレトレーニングでは細やかに配慮を心がけています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

●利用者満足の把握に向けて、玄関に意見箱を設置して意見を言いやすい環境作りを行い、園のイベント、保育参観、「うりぼうたのしい会」等で必ず保護者にアンケートを実施し、懇談会(年2回)でアンケート集計結果を伝える等、意見等を聞く機会を設けています。意見は次年度の計画に反映するようにしています。また、保護者の個人面談を随時行い、要望や意見は保育に生かしています。今年度、第三者評価を受審し、保護者のアンケート結果や評価の結果を得て、利用者満足の向上に役立てていきます。

●毎日、急な坂道を祖母と手をつないで登園する子どもや、電動自転車や車で登園する保護者等に、職員は送迎時に玄関前に出て労いの声をかけ、挨拶をして元気よく迎え、コミュニケーションを図っています。職員は話しやすい雰囲気作りに努め、保護者との会話を通して悩みや要望等の話しを聞き、保育に生かすようにしています。また、玄関入口に事務室があり、保護者が声をかけやすいようドアを開けて配慮しています。

●子ども一人ひとりの発達の過程や生活環境等を理解し、受容し、個々の子どもの発達に沿った保育を心がけています。また、個別指導計画と対比しながら、個々の記録を作成し、その子に合った保育を実施しています。職員は子どもの気持ちをしっかりと受け止め、興味・関心が持てるよう遊びを工夫し、保育にあたっています。管理者は、川崎市児童相談所と連携を密に図り、虐待、育児等の現状を把握し、職員に情報を伝えています。また、児童相談所の心理士、川崎市更生相談所の作業療法士とも協働し、支援に尽力しています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

●法人のホームページに園の情報を載せています。パンフレットは、多摩区役所で行う作品展、「たまたま子育てまつり」で設置し、地域の子育て親子等に配布し、情報を提供しています。また、園見学者にもパンフレットを配付して説明を行い、保育の様子を見てもらっています。サービス利用開始後は、準備保育を行い、子どもの状態、家庭の事情を考慮して進め、保護者と職員、保護者同士、職員と子ども等のコミュ二ケーションを図って情報交換を行い、相互の理解につなげています。

●指導計画は保育課程を基に、各クラス担任が年間、月案、週案を作成し、管理者が確認して会議等で共有しています。また、生田うりぼう愛児園では「ふれあい遊び」の計画を作成し、健康、食育等の年間計画も作成しています。子どもに関する実施状況は、個人記録、月案、日誌に記録し、記録内容についてはクラスのリーダーと管理者が確認し、記録の記載方法については都度、指導を行っています。

●理念、方針について、入職時に法人の「職場のルールブック」を基に説明を受けて理解をし、母体の第二厚生館愛児園の新入職員と共に、社会労務士から人事、服務規律についても説明を受けています。日々の保育は、理念、方針に基づいて、保育課程、年間、月案、週案を作成し、子ども一人ひとりの配慮事項等を記載して展開しています。提供するサービスの実施方法については、各種マニュアル等を整備し、マニュアルに沿って標準的な実施方法により保育を実施し、管理書類等は必要に応じて職員がいつでも閲覧できるようにしています。

4 地域との交流・連携

●地域に向けた情報は、法人のホームページに園の情報を掲載し、掲示板を玄関外に設置して園の情報や、育児講座を案内して地域に発信しています。多摩区役所主催の「保育園展」に参加し、子どもの作品を出展しています。園見学者にもパンフレットを渡し、管理者から保育理念、保育内容を説明し、丁寧に質疑応答に対応しています。

●地域に対して、育児講座のインフォメーションを行い、園見学の際には見学者からの相談を受け付け、質疑応答がある場合はいつでも電話で回答することを伝えています。法人内には、栄養士、看護師、ファミリーソーシャルワーカー等の専門職が在籍し、保護者の相談、質問に十分対応できる人材を有し、体制を整えています。ボランティアの受け入れは、小規模保育事業は必須ではありませんが、受け入れの基本姿勢、マニュアルは整備しています。

●関係機関との交流、団体との連携では、多摩区公私立保育所所長会議、たまっこ育成会議に参加し、多摩区役所の地域担当者とも連携をしています。地域の福祉ニーズに関しては、連携園の第二厚生館愛児園の施設長が定期的な会合に参画し、情報を得てニーズの把握に努めています。川崎市児童相談所とは近隣でもあり密に連携を図り、措置児等についての協力関係ができています。支援が必要な園児の虐待予防、家庭支援を児童相談所や地区の保健師と連携を取り、協働すると共に情報の収集を行っています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

●理念・基本方針については、園のしおり、ホームページ等に記載し、園内にも掲示しています。職員は、入職時のオリエンテーションで園の理念、基本方針の説明を受け、入職後、法人内研修で理事長から講話を聞き、理解を深めています。理念、基本方針を基に保育課程を作成し、年間指導計画等につなげています。法人が策定する中・長期運営計画に沿い、園の平成27年度〜平成37年度を対象とする長期運営計画及び、平成27年度から3年間の中期運営計画を策定しています。人材採用計画は、法人の人材開発室で一括して行っています。

●生田うりぼう愛児園と、連携園の第二厚生館愛児園と一体した運営の中で、幹部職員業務分担表を作成し、施設長、管理者・主任の役割について明示しています。運営に関しては、連携園の第二厚生館愛児園の施設長と連携を図りながら進め、幹部会議等で経営、業務効率化、改善について協議を図っています。3か月に1回、職員との個人面談を実施し、日常の会話の中からも意見を吸い上げ、働きやすい職場環境、業務の効率化等の意見を聞き、職員と共に改善に努めています。

●年1回、法人独自で職員の自己評価を実施し、自己評価結果について連携園の施設長、管理者、主任で検討し、体制の整備に取り組んでいます。さらに、主任会議で職員の業務状況等を話し合い、改善に向けた取り組みを行っています。また、第三者評価の受審により、質の向上につなげていきます。年間指導計画は、期ごと、月ごとの振り返りから課題を抽出し、職員間で共有を図り、改善策を話し合い、実践につなげています。

6 職員の資質向上の促進

●人材の採用、人員体制については、法人組織図、体制表共に連携園の第二厚生館愛児園と共通であり、明文化され、採用は、法人の人材開発室が一括して採用を行い、地方の学生にも働きかけ、人材確保に努めています。遵守すべき法令・規範・倫理等は、保育規程、職員ルールブックを全職員に配付し、入職時に説明を受け、職員は遵守しています。各種マニュアル等のファイルは職員がわかる場所に保管して閲覧ができるようにしています。

●職員の資質向上、専門性を高めるため、法人内で開催(人材育成室)される各種研修を中心に、連携園合同での園内研修や、外部研修に参加する機会を多く設けています。また、法人の理念「至誠」を基に日々、人間性を高めています。職員には研修補助、時間の保障を行い、研修に参加しやすい環境を整えています。研修受講後は、研修記録(報告書)を提出し、会議時に研修報告の機会を設け、閲覧も可能とし、一人ひとりの資質向上に役立てています

●管理者は、職員の日々の様子を確認し、声かけを行うなど配慮に努め、時間外労働の状況、有給の消化バランスを把握し、職員の勤務体制、シフト作成に配慮を行い、必要に応じて改善、見直しを行っています。また、遅番の時には時間外扱いも適用して配慮しています。

詳細評価(PDF983KB)へリンク