かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク宿河原保育園(5回目受審)

対象事業所名 アスク宿河原保育園(5回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社 日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 214 - 0021
多摩区宿河原2-5-1
tel:044-934-1415
設立年月日 2012(平成24)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年08月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】
・施設の立地・概要
 アスク宿河原保育園は、JR南武線宿河原駅から徒歩7分の住宅地の一角に立地しています。向かい側には宿河原小学校があり、近隣には公園が点在しています。開園は平成24年4月で5年を経過し、0歳児〜5歳児まで園児90名(定員90名)の中規模保育園です。園舎は3階建て鉄骨造りで、約90坪の園庭のほか、屋上園庭があります。


・特徴 
 園目標は「いのちを大切にしよう おとなりのひとにあいさつしよう おはないっぱいのえんにしよう」です。子どもたちが「楽しむ心」や「学ぶ楽しさ」を育むプログラムとして、クッキング保育、英語教室、リトミック、体操教室を毎月実施しています。


【特に優れていると思われる点】
1.子どもの成長プロセスを重視した保育
 今年度、園では日々の保育の積み重ねから、子どもたちの声を拾って子ども主体の保育の展開を目的に、「一年間つながりのある保育」をテーマに園内研修を行っています。各クラスで4、5月の子どもの様子から一年間提供したい遊びや活動を考えていくなど、子どもの成長をとらえた保育を展開しています。夏祭りなどの行事も子どもが興味・関心を持っていることを題材とし、生活発表会(作品展)では、「一年間のつながりのある保育」について各クラスに製作品やポスターを展示し、保護者に子どもたちの成長の過程を知らせています。


2.園庭開放や子育て講演会の開催による子育て支援の推進
 11月より毎月1回、水曜日に園庭を開放し、「おひさまデー」として子育て広場を行っています。12月には「どうしてそうなの?と感じられたら」というテーマで、臨床発達心理士を講師に呼んで、子育て講演会を行なっています。多摩区役所にチラシを置かせてもらい地域にも参加を呼びかけ、当日は保護者を含め30名の参加がありました。


3.中期計画・事業計画の組織的・継続的な実施
 中長期計画では、3つの柱「様々な人と関わる」「豊かな心を育む」「命の大切さを知る」を職員と話し合って作り、保護者にも周知することで活発に取り組むことができました。事業計画も職員で話し合い、保護者にも伝え、計画毎に担当者を決め、3か月おきに反省、見直しをして進捗状況を確認して継続的に取り組んでいます。


【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.保護者からの意見・要望に対する対応
 今回の保護者アンケートでは、「要望や不満などにきちんと対応しているか」については、「いいえ」が13%、「どちらともいえない」が25%の回答が寄せられています。苦情解決の仕組みはできていますが、保護者からの意見・要望に対し、丁寧に対応策を検討し、改善策についてきちんと説明していくなど、保護者とのコミュニケーションを一層活発化していくことが望まれます。


2.ボランティアの受け入れを
 現在、ボランティアの受入れがありません。子どもたちの園での生活の広がりに寄与し、「つながりのある保育」を展開していくためにも、地域のボランテイアの早期の受け入れが期待されます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・基本方針に「子ども自ら伸びようとする力」「五感で感じる保育」「後伸びする力」を掲げ、子どもを尊重した保育サービスの実施について明示しています。


・性差については、男女で分けることはしていません。折り紙は自分の好きな色を選び、発表会の役割も自分がやりたい役を選べるようにしています。


・子どもを尊重したサービス提供に関する基本姿勢は、保育園業務マニュアルなど、各種マニュアルに反映されています。例えば、園長は、職員の子どもたちへの言葉かけは否定的でなく肯定的にするよう指導しています。


・行事に関しては、見栄や保護者に見せるためのものではなく、日々の保育の積み重ねであり子どもたちの声を拾って保育する大切さを職員に伝えています。今年度、園では「一年間つながりのある保育」をテーマに園内研修を行い、各クラスで4、5月の子どもの様子から一年間提供したい遊びや活動を考えていくなど、子どもの成長をとらえた保育を展開しています。


・虐待防止対応マニュアルがあり、虐待の早期発見の仕方などが記載されています。職員は、登園時に親子の様子や着替えをするときに身体の変化を確認し、言動や態度について「おかしいな」と思ったらすぐ園長に報告しています。園長は、小さな変化を見逃さないことが虐待防止につながるということを職員に伝えています。


・職員は、設置法人が行う入社時研修で子どもや保護者のプライバシー保護について学んでいます。また、園内研修でマニュアルの読み合わせを行っています。


・保護者には、入園時に「重要事項説明書」に沿って個人情報に関する取り扱いについて説明し、ホームページなどへの子どもの写真の掲載について同意の署名・捺印を得ています。アクシデント後の対策を公表する場合や配慮を要する子どもの連携で川崎市西部地域療育センターと情報を共有する場合など、保護者の同意を得ています。


・羞恥心に配慮した支援として、幼児クラスはプールの着替えはバスタオルで身体を覆うようにしたり、トイレには扉をつけています。4、5歳児にはトイレに入るときはノックをするように伝えています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・行事終了後に実施する保護者アンケートや月1回の運営委員会の出欠確認表に、園に対する要望などの記入欄を設け保護者に配付しています。


・運営委員会では、事前に把握している保護者の意見や要望をテーマにして意見交換する機会を持っています。検討した結果は園だよりや運営委員会の場で報告しています。


・個人面談は年2回実施し、また、「ご意見対応ノート」を作り、園長や担任が送迎時に保護者から聞き取った意見や要望、保育連絡ノートに書かれていることなどを全て書き留めています。全職員にも周知して速やかに対応し保護者に報告しています。


・苦情解決責任者は園長、苦情受付担当者は4歳児クラス担任、第三者委員2名を設置し苦情解決の体制を整備しています。入園時に保護者に「重要事項説明書」を配付し、園長が苦情解決の仕組み(フローチャート)を口頭で説明しています。クレーム受理票の対応は設置法人と相談し、説明会を持つなどして状況を報告しています。


・職員は、子どもの発達や興味・関心に見合った遊具や絵本、素材を揃え、自分で自由に取り出して遊べるようにしています。3〜5歳児はお道具箱(粘土、のり、クレパス、自由画帳、はさみは5歳児のみ)を用意して、好きなときに自由に使って表現できるようにしています。


・朝は子どもたちが登園したら、まず園庭遊びをすることを日課にし、身体的な活動ができるよう支援しています。夕方16時以降も戸外や散歩に出かけるなどして気分転換を図り、楽しく過ごせるようにしています。


・行事食はおひな祭り、おせち料理などランチ食として提供し、毎日の献立やクッキング保育で旬の食材を使うなどして、五感で季節を感じることができるよう工夫しています。


・基本的生活習慣は子ども一人一人の発達の状況に合わせて身につけられるようにしています。


・排泄について、歩ける子どもは0歳児後半から乳児用便器に座り始める子どももいます。2歳児になってからトイレットトレーニングを行っています。


・着替えについて、0、1歳児は職員がそばに付いて着替えを行なっていますが、できる子どもには声かけしながらズボンを脱ぐことから始めています。


・看護師が歯みがきや手洗い指導を行っています。保護者にも歯磨きの大切さをアピールして一緒に取り組んでいます。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・サービス開始時には「慣れ保育」を実施して、1週間親子一緒の通園で子どもの不安を取り除いています。また、心の拠りどころとなるタオルなどの持ち込みは一定期間認めています。


・保育園が提供する保育サービスの基本事項や手順は、保育園業務マニュアルに明示され、それに基づいて安全、安心の保育サービス提供に努めています。


・今年度は指導計画の見直しを、園内研修時に各クラス担当職員で保育課程の見直しから行ないました。


・0、1歳児は毎月、2歳児は隔月、3〜5歳児は3か月ごとに児童票の記載をしています。0〜2歳児は月間の個別指導計画を作成しています。クラスごとに年間指導計画、月間指導計画、週案を作成しています。


・災害時の分担表を作成して掲示し、災害対応マニュアルは、事務室内に職員がいつでも見ることができるように置いています。


・毎月の消防訓練時に、戸外活動時を含め子どもの安否確認(点呼)を行っており、全職員に周知されています。保護者への子どもの安否確認の連絡手段として、携帯電話の「災害用伝言板」や「災害伝言ダイヤル」を利用しています。


・自園で発生した大きなアクシデントについては、直ちに再発防止に取り組み、設置法人安全対策課から送られてくる他園のアクシデントの発生状況を、職員会議で職員に伝え、自園での発生防止を話し合っています。

4 地域との交流・連携

・地域への施設の開放として、11月より毎月1回、水曜日に園庭を開放し、「おひさまデー」として子育て広場を行なっています。2月には2名の参加がありました。


・12月には「どうしてそうなの?と感じられたら」というテーマで、臨床発達心理士を講師に呼んで、子育て講演会を行なっています。多摩区役所にチラシを置かせてもらい地域にも参加を呼びかけ、当日は保護者を含め30名の参加がありました。


・園長は多摩区公私立保育園長会議、幼保小連携事業の園長・校長連絡会に参加、年長児担任は年長児担当者会議、幼保小連携事業の実務担当者連絡会に参加、看護師は看護師連携会議に参加しています。


・幼保小連携事業の会議の中で、就学前の子どもについての課題を話し合っています。小学校に入る前に「上履きは立ってはけるようにする」など、保護者には個人面談やクラスだよりで伝えています。


・園長は多摩区園長会議に参加して、この地域は子どもの人数が多く1、2歳児の待機児童が多いというニーズを把握しています。当園は立地条件が駅に近く、生活圏内にあることから利用者が多く、子どもの受け入れ人数を1〜2名増やしています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・順守すべき法令・規範・倫理などは、業務マニュアル・就業規則に規定があり、明文化され、職員は入社時に設置法人で研修を受け周知しています。


・設置法人の理念は「安全安心第一」「想い出に残る保育」「ニーズに合った保育サービスの提供」であり、基本方針と合わせ、子どもを尊重したものになっています。


・園長は職員の理念や基本方針の周知度を、月間指導計画の記載内容が理念・基本方針に沿っているかなどをチェックして確認し、継続的な取り組みを行っています。


・理念や基本方針、園目標の保護者への説明は、4月に開催した年度初めの運営委員会で、分かりやすく説明しています。


・中長期計画は、3つの柱「様々な人と関わる」「豊かな心を育む」「命の大切さを知る」を職員と話し合って作りました。


・事業計画は計画毎に担当者を決め、3か月おきに反省、見直しをして、職員会議で報告しています。


・4月開催の運営委員会配付用資料の中で、中長期計画(事業計画)について分かりやすく記載して、保護者に説明しています。


・職員の働きやすい環境を作るため、シフトは事前に希望を取り、有給休暇や勤務時間をできるだけ希望通りにし、仕事にメリハリをつけることができるように取り組んでいます。


・年に1回第三者評価を受審して、評価結果を受けたのち、改善課題を職員会議で分析検討して、次年度にむけて、改善に着手しています。

6 職員の資質向上の促進

・「保育士人材育成ビジョン」には職員の経験や能力に合わせた育成方針が明記され、経験年数や習熟度に応じた階層別研修と、希望者が参加する自由選択研修を用意して、職員研修を積極的に行なう人事管理制度が実施されています。


・職員は設置法人が求める「保育士人材育成ビジョン」から、上期・下期に分かれた研修計画を作成して、階層別研修、自由選択研修を受講しています。


・研修受講後にレポートを提出し、園長からのアドバイスを受け、それが次の課題を見つけるきっかけになっています。


・園長は研修受講内容を全職員に知らせる必要性があると判断したものについて、研修受講者が職員会議で発表する機会を持たせています。


・実習生受け入れマニュアルがあり、5月に実習生1名を受け入れています。派遣する学校側とは覚書を交わし、学校側の用意した実習プログラムを尊重しながら実習に入っています。


・有給休暇取得が少ない職員には声をかけて有給休暇が取得できるように配慮し、行事の担当などで残業が多くなってしまう職員には、勤務時間内に出来るよう、職員配置を検討、実施しています。


・設置法人の福利厚生事業(スポーツジムの会員、遊園地の割引、職員親睦会の費用の一部補助)があり、希望に応じて職員が利用できます。


・悩み相談は常に園長が聞ける体制でいるようにしています。うやむやにすることなく解決できるようにしています。園長だけで解決できない場合は、マネージャーへつなげるようにしています。

詳細評価(PDF588KB)へリンク