かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク宮崎台保育園(3回目受審)

対象事業所名 アスク宮崎台保育園(3回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社 日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 216 - 0006
宮前区宮前平1-1-15
tel:044-871-2108
設立年月日 2014(平成26)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年06月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】
1.立地と環境
 園は東急田園都市線、宮崎台駅より徒歩5分、平成26年4月1日に開設され、定員60名(在籍59名)、2階建てです。1階に1歳児の保育室と事務室、調理室があり、2階に2歳児室、3歳児室、4、5歳児室があり、広い共用室は体操、リトミック、リズム遊びなど体を大きく動かすプログラムに使用しています。
 園の周囲は緑の濃い宮崎台住宅地域で、園に沿って東急田園都市線があり、保育園の屋上園庭や廊下から電車が走り抜けるのが見ることが出来、子どもたちは大喜びで眺めています。近隣にいくつもの公園があり、年齢に応じて散歩先として選んでいます。


2.保育の特徴
 園目標として、1)明るく元気な挨拶が出来る子ども 2)思いやり、感謝の気持ちを持ち、自分も友だちも大切にできる子ども 3)興味関心を持ち、豊かな感性のある子ども を挙げています。
 専門講師による「体操」「英語」「リトミック」のプログラムの他に、職員によるクッキング保育や製作などを年齢・発達に合わせて実施し、子どもたちは楽しみながら無理なく過ごしています。


【特に優れていると思われる点】
1.子どもの考えを大事にする保育
 一人一人の子どもの考えを職員が把握し、子どもたちの希望に出来るだけ沿うように柔軟に対応し、よりよい保育を目指しています。散歩の行き先は子どもたちの意見を聞いて決めるときがあります。クッキング保育の対象として何を栽培するかを幼児たちに聞いて多数決で決めています。製作、表現遊び、ゲームなどの設定プログラムを行った後で、子どもたちに問いかけて意見、希望を聞き、次の計画の参考にしています。生活発表会の劇のテーマ、セリフ、動き、背景、お神輿の内容などは子どもたちが主体になって決めました。


2.職員育成への取り組み
 長期計画の目標の一つに「職員育成」を設定し、平成26年度から3年間にわたり、研修への参加、園内研修の実施、研修結果の活用、他園との意見交換など多面的に職員の資質向上を図り、各年度の事業計画で担当職員を決め具体的に展開しています。また、法人内研修以外にも、宮前区のデリバリー講座(栄養士、看護師などの専門職が来園し職員向けに講義)を活用しています。園長は職員との意見交換や相談への対応に時間をかけて、園が向かう方向に向けて職員が同じ意識で向かうように指導しています。


3. 保護者と園が一体となった取り組み
 懇談会、個人面談、普段の送迎時だけでは時間が限られ、十分に意見交換ができないとの保護者の意見・要望があり、昨年度から「なごみタイム」を毎月夕方に設け、園のこと、子育てのこと、相談、その他何でも園長や職員と気軽に話すことができるようにしています。行事などがあり不定期開催ですが、毎月の園だよりで開催日時を知らせ、保護者が誰でも気軽に参加できるようにしています。また、行事ごとのアンケート、年末の振り返りアンケートについては、全て集計結果と園の今後の方針などを掲示して、保護者との連携を図っています。


【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.地域の子育て支援への取り組み
 園庭開放、地域住民への図書貸し出し、地域の子育て中の保護者への育児相談や離乳食の与え方、手作り玩具の紹介などの取り組みが望まれます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・日常の保育園生活の中で、子どもの目線に合わせて話しかけ、職員の考えを強要することなく、自然に参加しやすいように工夫しています。


・性差にとらわれず、行事の衣装や好きな色の折り紙を選ぶようにし、席順やチームを決める際などの場合にも男女の区分をしていません。


・「虐待対応マニュアル」があり、全職員は研修などで周知しています。登園時に子どもや保護者の様子を聞くとともによく観察して、虐待の兆候がみられた場合、児童相談所、設置法人と、宮前区役所保健福祉センター児童家庭課に連絡する体制があります。


・プライバシーの保護について、個人情報管理規程があり、個人情報を含む書類や電子情報は園外への持ち出しを禁止しています。個人情報の取り扱いについて、職員は設置法人の入社時研修を受けています。非常勤職員には入社時に園長より説明をしています。


・「入園のご案内(重要事項説明書)」の「個人情報の利用について」にて利用範囲を明示し、ホームページなどに子どもの写真を掲示することについて、書面で同意を得ています。


・おもらしをした時は他の子どもに気づかれないよう、また、屋上プール使用時にマンション側に目隠しを設けるなど、年齢に関係なく子どもの羞恥心に配慮しています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・「入園のご案内(重要事項説明書)」で、設置法人運営本部、宮前区役所保健福祉センター児童家庭課、第三者委員などの相談窓口が複数あり、自由に選べることを明記しています。


・行事後に、行事に関する保護者アンケート、年度末には「振り返りアンケート」を実施して職員会議などで検討し、今後の取り組み方針を含めて掲示しています。個人面談(年2回)やクラス懇談会(年2回)時に保護者から直接、園に対する意見や満足度などを聞き取っています。エントランスに、意見箱を設置しています。


・職員は子どもの人格を尊重し、穏やかに分かりやすい言葉で話しかけています。言葉が未熟な乳児には分かりやすい言葉で代弁したり、表情や態度で子どもの欲求や要求を汲み取っています。


・保育室には年齢や発達に見合ったおもちゃや絵本を備え、低い棚や段ボールの衝立でコーナーを作り、子どもたちが自由に遊び込める環境を整えています。


・公園や外遊びのほか、室内遊びでも全身を動かす遊びを取り入れ、バランスのとれた身体づくりに努めています。


・朝夕の合同保育、散歩、月1回の歌の発表会、縦割りグループでの夏祭りのお神輿製作など、異年齢との交流を通じて、子どもが協同して遊べる機会を設けています。職員は年齢に応じて遊びの展開ができるよう、環境にも配慮しています。


・保護者と連絡を取り状況を確認しながら、子ども一人一人の発達に合わせ、基本的生活習慣が身につけられるよう、開始時期、方法を設定して支援しています。


・テーブルの配置を換えたり、季節の花を飾るなど、食事が楽しくなる雰囲気作りを心がけています。2歳児以上のクラスでは職員が子どもと一緒に会話をしながら食事を摂り、一人一人の嗜好や食べる速さ、量を把握し、声かけをしながら、無理なく食べられるよう支援しています。


・午睡時間は、年齢や発達、その日の体調や家庭での様子で保護者と相談し調整しています。5歳児は就学に向け、2月から午睡をしません。乳幼児突然死症候群予防策として1、2歳児は10分ごとに、3〜5歳児は30分ごとに睡眠チェックを行い、うつ伏せ寝を禁止して記録しています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・園のホームページ、園ブログ、宮前区のホームページに園の情報を掲載し、地域に園情報を発信しています。見学、入園説明会にパンフレット、「重要事項説明書」「入園のしおり」を用意しています。


・園長や年長組の担任は宮前区の幼保小連絡会議や年長児担任会議に出席し、得た情報をクラス懇談会や個人面談などで保護者に伝えています。児童保育要録は、発育記録など児童票をもとに作成し小学校に提出しています。配慮を要する子どもについては、関係療育機関につなぐ対応をしています。


・入園に際して「入園時家庭調査票」「健康調査票」「お子さまの状況について」を提出してもらい、面談内容は面接シートに記入しています。入園後の発達状況については、1歳児は毎月、2歳児は2か月ごと、3歳児以上は3か月ごとに児童票に記録しています。


保育課程は年度末に見直しています。年間、月間指導計画、週案はクラス担任が作成します。月案、週案、日案について保育結果について評価・反省をし、次期の指導計画に反映しています。


・日々のサービス実施状況は2歳児以上は各クラスの保育日誌に記録し、1歳児クラスは生活睡眠記録に個別に記録しています。


・安全チェックリストがあり、毎日点検をしています。火災、地震などを想定した避難訓練を毎月実施し、通報、避難誘導などについて訓練しています。


・園で発生した事故事例に関しては、「アクシデントレポート」にまとめ、対応策を検討し、再発防止に取り組んでいます。

4 地域との交流・連携

・園の夏祭り、運動会、観劇会の案内を外門に掲示し、地域の人の参加を呼びかけています。設置法人のホームページに、園の情報、日常保育の様子や行事の写真などを掲示しています。


・見学に来る保護者から随時、育児相談を受けており、今年度の内覧会では、8名の相談を受けています。今後、さらに園庭開放、地域住民への図書貸し出し、地域の子育て中の保護者への育児相談や離乳食の与え方、手作り玩具の紹介などの取り組みが望まれます。


・設置法人の保育園業務マニュアルに「学生実習生・ボランティアの受入れ」及び「受入れガイドライン」があり、受け入れ方針、意義などの基本事項を明記しています。現在縫物やおもちゃの消毒、子どもの遊び相手として週1回、1名のボランティアを受け入れています。


・宮前区の幼保小園長・校長連絡会、認可保育園園長会、年長児担当者会議、小学校の授業参観に参加し、就学に向けて情報を保護者に伝えています。


・中・長期計画の項目に「地域の子育て支援に参加し、保育の提供につなげる」を掲げ取り組んでいます。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・保育に対する基本方針「自ら伸びようとする力、後伸びをする力を育てる保育の実践」「五感で感じる保育の充実を目指す」に関して入園のしおり(重要事項説明書)、パンプレット、保育課程に記載し、また、園内に掲示しています。


・設置法人の運営理念「安全・安心、子ども・保護者本位、想い出に残る保育、職員が楽しく働けること」は、目指す保育を示しています。


・園目標「明るく元気なあいさつの出来る子ども、思いやり・感謝の気持ちを持ち、自分も友だちも大切に出来る子ども、興味関心を持ち、豊かな感性のある子ども」を掲げ、職員の行動規範にしています。


・園は理念・基本方針・園目標の実現を踏まえて、5年長期目標を定め、「食育」「職員育成」「地域交流」としています。


・28年度事業計画を策定し、「地域交流、食育、職員育成、異年齢保育」について具体的な行動内容を策定しています。


・職務分担表に園長、職員、看護師、事務・用務スタッフ、栄養士の役割を明記し、園長は毎年度初めに職員に説明しています。


・園長は園運営のために各職員の役割分担を決め、適正人事配置、残業状況、節電・省資源などに重点を置き、経営管理を進めています。


・全職員は年2回の自己査定により、振り返り反省を行っています。さらに、毎年第三者評価を受審し保育に活かしています。


・園長は設置法人の園長会議や宮前区園長校長連絡会などで保育事業全体の動向などに関する情報を入手しています。


・宮前区園長校長連絡会、認可保育所園長連絡会議、全体園長連絡会議を通じて、地域の利用者や利用者像についての情報を得て、園長は地域の状況や課題を把握しています。

6 職員の資質向上の促進

・「保育士人材育成ビジョン」があり、保育士として求められる役割や能力について、職員の経験年数や役職に応じて示されています。園の課題のひとつとして、長期計画に「職員育成」を挙げ、職員の資質向上に取り組んでいます。園長は園の運営に必要な資格を持った人材(保育士)確保に努め、人員の補充が必要な場合には設置法人本部に申請して対応しています。


・就業規則に職員の守るべき服務規律、倫理規律が定められ、「保育園業務マニュアル」「個人情報管理規程」に、法令遵守、個人情報の安全管理が定され、また、コンプライアンス委員会、良い職場推進委員会があり、法令遵守の徹底に努めています。


・「実習生受入れマニュアル」があり、実習生の申し入れ受付から本部への報告、身元確認など基本手続きが決められています。


・職員一人一人は年度初めに年間研修計画を立て、中間で見直し、年度末に総括しています。前年度の査定内容を含め、職員は年2回の園長との面談により目標を確認し、スキルアップに努めています。


・園長は毎日職員の出勤状況、残業状況などをチェックし、本部に報告しています。また、毎月有給休暇消化率や休憩時間実態、トータル時間外勤務などを把握しています。


・設置法人には福利厚生制度があり、法人が契約するスポーツセンターなどの利用などができます。設置法人には外部のメンタルケア会社との契約も行っており、職員は無料でカウンセリングや相談が出来る仕組みがあります。また、設置法人契約産業医につなぐケースもあります。福利厚生制度があり、設置法人が契約するスポーツセンターなどの利用などができます。

詳細評価(PDF605KB)へリンク