かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスクセンター南保育園(9回目受審)

対象事業所名 アスクセンター南保育園(9回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社 日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 224 - 0032
都筑区茅ヶ崎中央46-5
tel:045-948-1016
設立年月日 2008(平成20)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年03月 〜
使用評価項目 横浜市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地および特色】
 アスクセンター南保育園は、横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩2分のところにあり、園舎は鉄骨造り2階建てで、78平方メートルの園庭があります。平成20年4月開園で、0〜5歳の定員58名のところ現在60名が在籍しています。周辺はマンションや大型ショッピングモールなどがある港北ニュータウンの商業地区で、近隣に茅ヶ崎中央公園など公園が多数あり、区役所、図書館、消防署、警察署などの公共施設も近くにあります。
 日曜・祝日に一時保育と休日保育を行っています。設置法人から派遣される専任講師によるリトミック、体操教室、英語教室が毎週あり、体を使ったり歌を歌って、リズム感や運動能力を養い、外国文化に触れたりしています。また、食農活動としてクッキング保育やプランターを用いた野菜栽培を行っています。
 
【特に優れていると思われる点】
1.保育室がワンフロアであることを活かした異年齢交流
 2階の保育室がワンフロアで、2〜5歳児が異年齢交流をしやすい環境になっており、自由遊びやプログラムに変化を持たせるように職員が相談して工夫しています。
ひとつのテーブルを囲んで、様々なブロック遊びやままごとなどをするなかで、3歳児が2歳児の世話をしたり、2歳児が3歳児のすることに興味を持って真似をするなど、自由活動の中にもいたわりや尊敬の感情を育み、遊び方や発想の幅・変化を醸成しています。欠席が多い日には、食事が寂しい雰囲気にならないように2、3歳児が一緒にテーブルを囲み、運動会の練習では、2歳児が4、5歳児のソーラン節のダンスや歌を見学して、その迫力に驚きながら、憧れの眼差しを向けています。保護者アンケートでも、97%の保護者が友達との関わりが充分に持てていると答えています。


2.職員の連携を支える伝達方法の工夫
職員はシフト勤務のため、園長と主任が毎日10時頃、早番職員が登園時保護者から聞いた事項を書いた「伝達表」をもとに、各クラスを回って担任に伝達しています。午後、遅番職員へ伝えるべき保育中のことは「連絡事項・引継ぎノート(昼礼表)」に記載し、全職員は確認サインをして、職員間の情報共有を確実にするよう工夫しています。このノートには夕食、欠席者、特記、活動、伝達事項、来訪者、外出者の行き先・内容、職員への連絡事項の欄があり、毎日は実施できない昼礼に代わる役割を持たせています。職員が連携して、1階の職員が2階の2歳児の昼食の手伝いに行ったり、2階の2〜5歳児の年齢ごとの活動でも、職員間で声を掛け合って助け合っている様子が見られました。


【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.保育室内環境の見直し
 保育室内のおもちゃは、子どもの意向を聞いて職員がいくつか出した中から選ばせており、子どもたちが自由におもちゃや教材を取り出せるようになっていません。また、長い時間を園で過ごす子どもの気持ちに配慮して、保育室内に、他人の目を気にせず一人になれる場所を確保することが期待されます。


2.管理・記録体制の見直しと充実
 職員会議のなかで、園内研修、ケース会議、カリキュラムについての話し合いが行われていますが、記録内容が希薄で充分に残されていません。記録のとり方について、職員間で統一できるような工夫が望まれます。また、清掃記録表はありますが、項目によってはチェックが不完全であり、実施状況についても必ずしも徹底されているとは言えません。清掃項目・点検清掃の周期について見直し、徹底した実行と記録が期待されます。安全点検についても点検個所、項目・周期を明確にし、実施記録を残すことが望まれます。


3. 保護者とのコミュニケーションの強化
保護者アンケートによれば、年間の保育や行事に保護者の要望が活かされているか、送り迎えの際のケガの伝達、お子さんの様子の情報交換について、不満と回答している方が多いようです。保護者とのさらなる日常のコミュニケーションの強化が期待されます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・子どもの言いたいことや、子どもの気持ちを職員が受け入れるように、園長や主任が園内を巡回したり、気が付いた時には注意をするようにしています。

・職員が子どもと話をする時は、子どもと同じ目線で話すなど、わかりやすく穏やかに話をするように努力をしていますが、時によってはどうしても「早く」「待って」の言葉が出てしまうことがあります。

・保育室はワンフロアを背の低い棚やロッカーで仕切って使用しています。常時プライバシーが守れる場所はありませんが、子どもが混乱して落ち着かせたいときなどは、その都度、一時的に衝立を立てる、部屋の外に行ってクールダウンするなど工夫しています。

・個人情報に関するファイルは施錠できる書庫に保管し、閉園時には施錠・確認をしています。

・園で使用する持ち物や帽子などは男女共通で、遊びや生活発表会などの行事の役割でも性別による区別はしていません。出席簿の順番は生年月日の順番にしています。グループ分けは性別にしておらず、給食の際は好きな席で食べることもあります。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

保育課程は、年齢ごとの発達過程に応じて、理念・方針・園目標に沿う様に子どもの最善の利益を最優先して作成しています。

・クラスごとに年間指導計画、月間指導計画、週案を作成し、主任、園長が助言し、また、クラスの中で他の職員と振り返りをして話し合っています。

・0〜2歳児については、月間指導計画に基づいた個別指導計画を一人一人の発達に合わせて個人別に全員作成しています。

・年齢や発達にふさわしいおもちゃや絵本、教材を用意してありますが、1階の0、1歳児クラスでは玩具を自ら選んで取り出せる環境になっていません。2階の2〜5歳児の各クラスでは子どもたちと遊びの内容を決めて職員が玩具を用意し選択できるようにしていますが、自らの意志で自由に取り出せる環境にはなっていません。

・園庭のプランターで、じゃがいも、ナスなど栽培し、クッキング保育でポテトサラダを作って食べるなど食育につなげています。メダカなどを飼育し、園の周辺の公園に散歩に出かけ自然に触れる機会を多くしています。

・子どもどうしのトラブルがある場合は、職員はすぐに仲裁に入らず、収まらない場合は間に入ってお互いの気持ちを代弁し解決できるようにしています。

・職員は子どもの食べる量を調節して完食できる喜びを感じられるようにしています。授乳は子どもが欲しがる時に抱っこして声をかけながら与えています。

・玄関にその日のメニューと提供した給食、おやつの実物サンプルを展示し、年に1回給食試食会を行い、離乳食、幼児食を体験してもらっています。

・午睡時は、0歳児は5分おき、1歳児、2歳児は10分おきに呼吸チェックおよび体位の確認を行っています。5歳児は1月ごろから午睡を無くしています。

・乳児は一人一人の発達状況に合わせて排泄の援助をしています。トイレットトレーニングは保育連絡ノートで家庭での状況を確認しながら進めています。

・0〜2歳児は保育連絡ノートで日々の子どもの様子を伝え、また、全クラスについて、クラスごとにその日の活動状況を書き、玄関入り口に掲示しています。

・保護者の個別面談は、年2回行ない、個別面談記録に記録しています。保育参観・保育参加は年2回、1週間を設定して行っています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・5歳児について年度末に保育所児童保育要録を対象の小学校に手渡し、または、郵送し、状況によっては電話でポイントを説明しています。

児童票に、入園後の子どもの発達記録を0〜2歳児は毎月、3歳児以上は3か月ごとに記録しています。

・玄関前がスロープになっており、園内にバリアフリーの身障者用トイレ、エレベーターを設置してあり、障害児の場合は個別指導計画を作成しています。

・虐待対応マニュアルがあり、日々子どもの観察を通して異常がないかチェックをし、早期発見に努めています。

・食物アレルギーのある子どもへの給食提供時はトレイの色を変え、ラップをかけて名前と除去内容を明記し、複数の職員が確認しています。

・外国籍の親を持つ子どもの入園時には、保護者から文化や生活について聞き、日本と相違がある場合は対応しています。

・苦情・要望の受付担当者は主任、解決責任者は設置法人の社長とし、第三者委員の氏名・連絡先と共に玄関に掲示して保護者に周知しています。

・健康管理マニュアルがあり、入園前に保護者から提出してもらった書類で、子どもの既往症や予防接種について把握しています。健康診断・歯科健診の結果を書面で保護者に伝えています。

・感染症マニュアルがあり、登園許可書が必要な感染症、治癒証明書などについて定められ、重要事項説明書に記載されています。感染症が発生した場合、保護者に症状を伝えるとともに、安静にして事務所で様子を見ます。

・安全管理マニュアル、事故防止対応マニュアル、防災ガイドライン、災害訓練記録、アクシデントレポートがあり、職員会議で職員に周知をしています。

・緊急連絡体制として、保護者、設置法人、消防署、警察署、区役所など必要な連絡先のリストを作成・掲示し、また、避難訓練を毎月実施しています。

・玄関はオートロック式になっていて、来園者を確認してから解錠し、不審者侵入を防止しています。

4 地域との交流・連携

・園長が都筑区の園長会や幼保小連絡会議などに参加し、その中で地域の子育て情報を得ています。

・都筑区こども家庭支援課や横浜市北部児童相談所、医療機関(嘱託医)や横浜市北部地域療育センターと必要に応じて連携を図っています。

・園のパンフレットや設置法人のホームページ、地域情報サイトに園の情報を提供しています。

・ボランティア・実習生受け入れマニュアルがあり、本年度はボランティア3名、実習生1名を受け入れました。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・コンプライアンス委員会があります。行動規範「クレド」を策定し、職員に携帯用のカードを配付しています。

・牛乳パックなどの廃材をおもちゃなどの遊び道具に利用し、行事の際はごみの減量化を図るため、保護者に食器や食具を持参してもらっています。

・電気をこまめに消して園内の節電を行い、省エネに努め、園内の階段壁面に節電の呼びかけを掲示して保護者の協力を呼び掛けています。

・設置法人作成の研修計画に主任育成のコースがあり、人材育成が計画的に行われています。

・事業運営に関する重要な情報は設置法人が収集し、園長会議で伝達され、園で全職員が共有しています。

・平成25年〜29年の長期目標として「生きる力を育てる保育」「求められる保育の実践」を掲げ、平成28年度の中期目標として「ハード面の強化」「職員の質の向上」を掲げています。

6 職員の資質向上の促進

・人材育成計画は、設置法人の運営理念や基本方針に基づき作成されている「保育士人材育成ビジョン」に沿って策定されています。

・職員の育成は、個人別の年間研修計画を作成し、半期ごとに研修実績を振り返り、園長と個別面談を行います。

・園内研修は、年6回実施し、設置法人内の保育園間で発表会を行っています。園内研修は常勤職員、必要があれば非常勤職員も参加しています。

・外部研修の機会もあり、職員は積極的に参加しています。参加した研修成果はレポートを提出して、他の職員も参照できるようにしています。

詳細評価(PDF632KB)へリンク