かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク川崎西口保育園(7回目)

対象事業所名 アスク川崎西口保育園(7回目)
経営主体(法人等) 株式会社日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 212 - 0014
幸区大宮町1310 ミューザ川崎1階
tel:044-520-8025
設立年月日 2010(平成22)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年02月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】

 アスク川崎西口保育園は、川崎駅徒歩5分の27階建て大型商業施設用ビルの1階にあります。平成2241日に開園し、05歳児を対象として現在67在籍しています。(定員60名)園庭はありませんが、近隣の公園や、天候の悪い時には商業施設内散策などに出かけています。

 

【特徴】

 園目標は「輝く笑顔 元気な子 あいさつできる子 やる気のある子 かんしゃできる子」としています。子どもの発達に合わせ、学ぶ楽しさや体を動かす楽しさを育むため、専門講師による体操・リトミック・英語の保育プログラムやクッキング保育を定期的に行っています。また運動機能の発達を目指し、0歳児クラスから毎朝リズム体操を積極的に行っています。

 

特に優れていると思われる点】

1 就学に向けての支援

 就学に向けて、幼保小連絡会議、小学校授業参観に職員が参加し、就学に必要な情報を保護者に伝えています。小学校のお便りを年長児保育室入口に掲示し、行事や雰囲気がわかるようにしています。例年1月に、年長クラス保護者対象の茶話会で、幸町小学校の教務主任教員を招いて話し合う機会を設けています。小学校教務主任教員との話し合いの際は、前もって保護者からの質問も受け付け、具体的な見通しが持てるようにしています。

 

2 保育活動を広げる工夫

 園庭がないため、ほぼ毎日近隣の公園へ出かけています。天候を気にせずに済む大型施設内に、こまめに散歩や散策に出かけています。中期計画に「体力作りのためのリズム運動」を盛り込み、年齢に応じたリズム運動を毎朝行っています。保育活動の切れ目や、自由遊びにも、体を使った遊びを取り入れています。また近隣の保育園の協力のもと、プール遊びや泥んこ遊びをしています。「幸区保育祭り作品展」では、園児が他の園の作品を見に行くこともあります。園外に出かけ、多くの人に接し、経験を豊かにしています。

 

3 地域連携への取り組み

 月に1回大型商業施設管理組合の店長会議に園長が出席し、連携をとっています。園の保育活動のPRを行うとともに、地域活性や防災などの連携にむけた取り組みをしています。大型商業施設の防災センターとの連携強化に努めています。大型商業施設防災訓練に年2回の参加をしています。幼児クラスも参加し、煙体験や起震車に乗る体験もしています。また近隣の保育園5園と、合同避難訓練を実施し、打ち合わせや相互の連携に向けた取り組みをしています。

 

【特に改善や工夫などを期待したい点】

1 保育園の機能の地域への提供

 毎月1回、地域の未就学児対象に絵本の読み聞かせを企画しています。例年参加者がありますが、今年度は参加者がありません。大型商業施設内に設けている園のショーケースを積極的に利用したり、宣伝や声かけするなどで、読み聞かせをはじめ育児相談の実施など、保育園の機能を地域に提供することが期待されます。   

 

2 安全点検の定期的なチェック方法の工夫

 日常の保育室内の整備や、備品の安全点検はされていますが、安全チェック表を使用していません。さらなる安全確保のために、点検項目・点検周期を検討し、安全チェック表を作成・実行し、また、その実効性について定期的に確認・見直すことが期待されます。

 

3 保護者へ向けた事業計画の説明

 事業計画は策定されていますが、保護者への説明の機会がありません。懇談会、運営委員会などを説明の機会とし、保護者が園の運営や保育活動に理解を深めることが期待されます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・運営の基本方針は「子どもの自ら伸びようとする力、後伸びする力を育てる」「五感で感じる保育の充実」とし、子どもを尊重した保育を目指している事を明示しています。保育園業務マニュアルには、子どもの尊重や基本的人権への配慮について明記されています。

 

・職員は、虐待防止マニュアルや入社時研修、階層別研修で虐待防止について学んでいます。登降園時の保護者と子どもの関わりや、着替え時に観察し、早期発見に努めています。

 

・プライバシー保護や基本的人権については、設置法人研修、園長の指導により職員は理解を深めています。個人情報の取り扱いについては、十分配慮しています。

 

・職員は、子ども一人一人の年齢や発達に合わせて、思いを受け止めるようにしています。一斉活動や食事、散歩など参加したがらない場合は、無理強いせずに安心して、自分の思いを伝えられるよう心がけ、見守るなどしています。着替え時、排泄時などの際、子どもの気持ちを配慮した対応をしています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・運営委員会の感想・意見、親子行事毎のアンケート、福祉サービス第三者評価の保護者アンケート、個人面談や日常の会話から保護者の意見や要望・希望を把握しています。

 

・入園のご案内(重要事項説明書)と入園のしおりで、設置法人本部、幸区役所保健福祉センター児童家庭課、第三者委員などの苦情解決の相談窓口があることを記載し、入園説明会で説明・配付しています。苦情、要望、意見には迅速に対応し、意見内容や園の回答などは掲示や、文書により保護者に伝えています。

 

・子どもの発達や興味に合わせた絵本、教材、玩具は取り出しやすい高さに収納されています。また夏祭り、運動会を通じて、子ども同士で計画し、協力して製作し助け合うことの大切さ、喜びを得られる機会を提供しています。

 

・特別に配慮の必要な子どもの保育に当たっては、発達支援や障がい児保育に関する研修を受講し、学びを深めています。設置法人の発達支援チームの巡回指導や療育センターと連携をとっています。

 

・子どもの年齢・発達に合わせて、個別に援助や声かけをし、食事・排泄・手洗いなど子どもが進んで行動できるようにしています。

 

・道を歩く時のルール、公園で遊ぶ時のルール、保育室内での活動時のルールを、子どもたちと遊ぶ前に約束して、安全に遊べるよう配慮しています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・利用希望者からの問い合わせは随時受け付けています。見学希望については、日程、時間帯は設定日時(平日の10時半〜)以外にも、保護者の希望に応じています。パンフレットをもとに園長が対応し、適宜質問にも答えながら、施設案内や保育の様子を見てもらっています。

 

・子ども、保護者の不安を軽減できるように入園説明会で「慣れ保育」の説明を行い、各家庭の都合も考慮し、数日〜1週間程度、個別に期間を決めています。とくに乳児クラスでは親子一緒に、園で過ごす時間を持ち、徐々に生活に慣れるように配慮しています。

 

・入園前に把握した子どもの情報は個別ファイルにして、一人一人の具体的なニーズを児童票、指導計画に明示しています。

 

・「保育園業務マニュアル」「衛生マニュアル」「事故防止マニュアル」「非常災害マニュアル」「アレルギー対応マニュアル」に基づき、園運営されています。また「川崎市の健康管理マニュアル」を参照しています。

 

・園長は設置法人安全対策課主催の会議に出席し、話の内容、討議事項を園に持ち帰り、職員会議、昼会議で伝えています。毎月、火災や地震、不審者侵入を想定し、さまざまな設定で避難訓練を実施しています。園長や主任不在時でも、職員一人一人が的確・迅速な対応が取れるよう指導しています。

 

・けが、事故については「インシデントレポート」「アクシデントレポート」を作成し、職員会議、昼会議で話し合って改善や再発防止に努めています。また他園の事故やヒヤリハット事例を職員会議で取り上げています。

4 地域との交流・連携

・設置法人のホームページに園の情報、日常保育や行事の写真などを掲載しています。園のパンフレットを見学者に配布しています。大型商業施設の展示ショーケースに年間を通して、子どもの作品を展示、紹介しています。

 

・幸区の認可保育園園長会議、幼保小連絡会議、年長児担当者会議、主任児童委員との懇談会、保健担当者会議などに担当職員が参加しています。

 

・大型商業施設管理組合の会議に月1回出席し、情報交換するとともに、地域活性や防災などの連携にむけた取り組みをしています。

 

・近隣の保育園5園と、合同避難訓練を実施し、打ち合わせや相互の連携に向けた取り組みをしています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・理念・基本方針がパンフレット、重要事項説明書、保育課程に記載されています。基本方針や園目標が園内玄関に掲示してあります。基本方針は、年度末の保育課程の見直し時に職員間で再確認しあい、年度初めに職員会議で園長が説明しています。保護者には入園説明会で、重要事項説明書をもとに説明しています。年度初めの運営委員会でも説明しています。

 

・理念・基本方針の実現に向けて、5年間長期計画目標を立てています。中・長期計画を踏まえ、単年度ごとの事業計画が策定されています。

 

・年に1回川崎市の基準により、第三者評価を受審しています。職員は年3回設置法人の自己査定シートに従い、自己評価をし、反省や振り返りを行っています。

 

・設置法人本部が社会福祉事業全体の動向について把握しています。園では幸区幼保小連絡会議、保育園園長会、主任児童員との懇談会などから、情報を得ています。把握された情報は、「地域交流」「地域連携」など中長期計画および事業計画に反映されています。

6 職員の資質向上の促進

・就業規則に服務規程、倫理規定、機密保持が規定され、保育園業務マニュアル、個人情報保護マニュアルに法令順守、個人情報保護が制定されています。設置法人本部での園長会議や幸区の園長会議で入手した他園での事故や不適切事案について職員会議で報告し、職員に法令順守の徹底を再確認しています。

 

・設置法人が作成している「保育士人材育成ビジョン」に、組織が職員に求める基本姿勢や意識、役割が期待水準として示されています。

 

・職員の個別年間研修計画に基づき、設置法人本部の研修を受講し、上期・下期ごとに園長のアドバイスを受けて、振り返りを行い、次期研修計画に反映しています。研修終了後はレポートを提出しています。

 

・園長は職員の希望、意向、意見を、年3回の面談や各会議、昼礼などで聞くほか、日常的に話しやすい雰囲気を作っています。新人にはチューター制度があり、業務の指導や助言を行っています。また設置法人の産業医、カウンセラーに相談できる体制があります。

詳細評価(PDF558KB)へリンク