かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスクかじがや保育園(6回目受審)

対象事業所名 アスクかじがや保育園(6回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 213 - 0015
高津区梶ヶ谷3-12-6
tel:044-871-7256
設立年月日 2011(平成23)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年01月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】

 アスクかじがや保育園は平成2341日に開所された1歳児から5歳児までの定員60名の中規模園です。園は東急田園都市線の梶が谷駅より徒歩15分の高台で閑静な住宅街に立地しています。建物は保育園専用に設計された2階建の鉄筋コンクリート造りで、建物の屋上と地上東側には広い園庭を有しています。近隣には「梶が谷第一公園」をはじめとして、多くの自然に恵まれた公園があり、園は状況により選択して散歩や運動などに利用しています。

  園は「ご挨拶ができる子、期待を持ち何でも楽しむことができる子、強さと優しい心を持ちながら力を貸してあげられる子」を職員の総意で園目標として打ち出し、これを保育課程、指導計画の根本として位置づけ、全職員一丸となって保育にあたっています。また設置法人から派遣された「英語教室」「体操教室」「リトミック」などの専門講師による教育プログラムを導入しています。

 

特に優れていると思われる点】

1.「子どもに対する声掛けとその対応」など園内研修の成果

 開所以来、保育士の子どもに対する「言葉遣いシリーズ」で園内研修を続けており、職員が研修内容を選別したり、講師役となって主体的に続けてきた結果、保護者からのアンケート結果でも高く評価されています。

 

2.部屋いっぱいの多様なコーナーの出現

 広い保育室一杯に背の低い収納棚やテーブル、カーペットが持ち出され、各々のコーナーの上には「ままごとおもちゃ」「各種のブロック」「塗り絵」「お絵描き」などを子どもたちが自由に持ち出します。ままごとコーナーが部屋の隅と反対側に二つできると、子どもたちの動きが変わり、一つは家庭、もう一つはお店という風に、子どもたちは自由に主体性を活かし、自分達で考えて遊べるように環境設定ができています。

 

3.職員同士のチームワークが良く、協調し合って保育にあたっている

園長は「垣根のない人間関係」をモットーにしており、園長自らが毎日全保育室に入り、職員と一緒になって保育にあたったり、昼食も必ず職員の中で取るようにし、些細なことでも相談に乗るよう努めた結果、正社員も派遣社員もアルバイトも含めて、協調性の高い職員集団ができ、これが保護者のアンケート結果からも「お子さんは保育所で大切にされていると思いますか」に問いに、100%の「はい」という返事を得ている事から保護者からの信頼の高さに寄与しています。

 

 

【特に改善や工夫などを期待したい点】

1.災害時の近隣住民との協力体制

 災害に際しては近隣住民や地元自治会などとの合同避難訓練や警察や消防署との連携は行っていません。非常時の近隣住民からの援助支援は重要であり平常時からの関係維持努力を期待します。

 

2.子育て専門集団としてさらなる地域への貢献を

 専門的保育技術を有する専門家集団としての園は、地域の子育て世代を支援するべく、自治会などに出向いての出向き講演などや、子育て相談などさらなる積極的対応行動が望まれます。

 

3.園庭に遊具、古タイヤなどを用意して子どもの可能性を広げる工夫を

過去の園の方針で園庭には砂場以外、主だった遊具がありません。子どもの自らの選択による自発的な可能性の幅をさらに広げるべく、遊具や古タイヤの持ち込みなどの工夫を期待します。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・園では設置法人の基本方針「子どもの自主性や自ら伸びようとする力、五感を感じる保育」にそって園目標の「ご挨拶ができる子、期待を持ち何でも楽しむことができる子、強さと優しい心を持ちながら力を貸してあげられる子」を打ち出し、子どもの人権擁護・支援の保育を実践しています。

 

・昨年度「子どもへの声掛けと対応」についての園内研修を行い、子どもに対する職員の言葉遣いなどを職員同士話し合い、否定的な言葉遣いなど職員同士注意し合える環境を作り出しています。

 

・個人情報保護については管理規程に記載し、職員に研修をしています。重要事項に個人情報の利用について記載し保護者に説明しています。ホームページに写真を掲載する場合は、家庭調査票に保護者の署名欄を設け、同意を得ています。

 

・虐待予兆発見に関し、職員は登園時に子どもや保護者の様子を気にかけ、子どもの着替えのとき体を観察し発見に努めています。虐待の兆候がみられた場合、職員は園長に、園長は設置法人本部に、そして児童相談所に連絡するしくみが出来ています。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・園は年6回の運営委員会、クラス懇談会、年2回の個人面談にて、保護者と話し合う機会を設けています。要望や意見は担任から園長へ報告があり、昼礼を利用し職員間で共有しています。 アンケート調査は園長が担当し、アンケート結果は運営委員会の場で報告のあと、廊下に掲示しています。

 

子どもの自主性や自ら伸びようとする力、五感を感じる保育」などを基本方針とし、「入園のご案内」「重要事項説明書」「パンフレット」に運営理念を明示し、指導計画にも反映させています。また「ご挨拶ができる子、期待を持ち何でも楽しむことができる子、強さと優しい心を持ちながら力を貸してあげられる子」を園目標として掲げ、廊下に掲示しています。

 

・子どもと同じ目線になるように、職員は腰をかがめ会話をしています。ゆっくり、わかりやすいことばを使い子どもが安心して話せるようにしています。子どもの要求や要望があるときは、子どもの話を聞き、気持ちを受け止め対応しています。子どもの質問があった場合には、その場で答え、すぐに答えが出ないときは、何時頃答えられるか、子どもに伝えています。気持ちをうまく表現できない子どもには、職員が「○○ちゃんは、○○しようとしてたのかな」と尋ね、子どもの気持ちを引き出しています。

 

・幼児クラスでは、当番が献立の説明をします。職員は献立に使われている食材の話をして、子どもの興味を引き出しています。壁には「ご飯の定位置」を絵にして、食器や箸の置き方がわかりやすく掲示してあります。子どもたちは職員や友達と話しながら、食事を楽しんでいます。食事は子どものペースで進みます。もっと食べたい子どもは、自由にお替わりができます。

 

・職員は保護者と連携をとりながら子どもの発達と年齢に合わせた援助をしています。上手く出来た場合はたくさん褒め、そうでないときは、見えないところで手伝い、意欲が途切れないように工夫しています。職員は、手洗いやうがい、歯磨きが必要だと子どもに説明しています。流し台に手洗いやうがいをイラストにした絵を掲示しています。

 

年齢に合わせて給食時間が異なっており、午睡時間も年齢により調節しています。眠くない時は布団の上で横になり、体を休めるように、また添い寝をする場合があります。5才児は就学に向けて、10月から徐々に午睡時間を短くして、部屋の隅のテーブルで職員と一緒に絵本を読んだり、塗り絵などをして静かに過ごしています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・見学、入園説明に関しては、設置法人標準スタイルのパンフレット、重要事項説明書を用意し、対応しています。また、ホームページと園ブログには子どもたちの日々の様子を写真にて掲載しています。見学は原則、希望者の都合に合わせるようにしています。

 

・入園前説明会では子ども同伴の保護者に対し、園長、設置法人本部担当者、栄養士が「入園のしおり」と「重要事項説明書」の内容について詳しく説明しています。子どもの心身の状況や生活状況は保護者から提出される「入園時家庭調査票」「健康調査票」「お子さまの状況について」により把握し、入園時面談で聞き取ったことは、面接シートに記入して保育に活かしています。

 

・保育課程は各年齢別に養護・教育についてクラス担任が関係する職員合議で作成し、園長が全年齢についてまとめます。年齢別の指導計画は保育課程をもとに、クラス担任が担当職員との協議の上作成し、園長が承認して確定しています。また、指導計画には事前に把握できた保護者や栄養士、設置法人発達支援担当者や食農(栽培)活動担当者の意見なども取り入れています。月案、週案、日案については達成度の評価、振り返り欄を設け、保育の実践に関しては必ず事後の反省、計画見直しを繰り返し対応しています。園長は毎日各クラスを巡回して、指導計画の実施状況を確認しています。

 

・食物アレルギーについては、川崎市の健康管理委員会とかかりつけ医の指導のもと、除去食を提供しています。誤食を回避するため、アレルギーのある子どもには、トレイの色を変えたり、皿の上のラップに名前や除去食の内容を書いています。園では除去食の誤提供を防ぐために3回チェックしています。食事の机も別にしてあり、食事の間職員が援助しています。宗教上の理由のある子どもには豚肉を鶏肉やツナにしたり、マシュマロをゼラチンの入っていないクッキーに替えるなどの配慮をしています。

 

・内科健診を1歳児は毎月、2歳児以上は隔月に、また歯科健診は年に1回実施しており、結果は記録表に記載しています。内科健診や歯科健診の結果は、書面で保護者に配付しています。歯科健診の前には、保護者に質問票に記入してもらい、歯科医からの答えを書面にして保護者へ配付しています。

 

・毎月災害避難訓練を実施し、初期消火、通報、避難誘導などの役割を職員が受け持ち非常時に備えています。災害携帯電話、緊急メール配信システムへの登録を保護者にお願いし災害時の安否確認の手段を確保しています。

 

・園長は毎日園内を見回り、子どもの様子や設備の状況などを確認して事故発生防止に努めています。また、園長は設置法人の安全委員会で得られた“ヒヤリハット事例”を園内に持ち帰り、職員に周知しています。園の安全管理責任者、担当者は園長とクラスリーダーで、クラス担任の中で一人を安全委員として任命し、安全委員は月一回、全クラスをまわり、昨年度本部で制定された「安全チェックフォーマット」にそってチェックし、危険予防に努めています。

 

・苦情解決責任者(社長)、苦情受付担当者(園長)、第三者委員2名は玄関に掲示し、パンフレットにも運営本部の連絡先を記載しています。

4 地域との交流・連携

・園情報は園ホームページや高津区発行の「ひろばノート」で発信しています。

高津区役所にもパンフレットを置いています。

 

・年100組を超える園見学者にも「園パンフレット」「入園のしおり」を示し、丁寧に説明しています。行事案内なども園の掲示板や園周りの塀などに貼りだし、近隣の住民に対して行事の招待状をポスティングするなどして地域に広報しています。見学者の見学時のアンケートに記載された相談事項に、後日、手紙にて回答するなど子育て相談のケースもあります。

 

・園長が高津区認可保育園園長連絡会や幼保小連絡会に出席し、年長児担任が高津区年長児担当者会議や近隣小学校の授業参観に参加して、子どもの就学に向けての課題について話し合っています。また年長児は近隣の保育園児と一緒に高津区で開催される「川崎保育まつり」や「高津区キッズコンサート」などに参加し、就学前の子ども同士の関係作りに役立たせています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・園では職員の守るべき服務規律、倫理規律が定められていて、「保育園業務マニュアル」「個人情報管理規程」には、法令遵守、個人情報の安全管理が規定され、職員は設置法人の入社時研修や園内研修にて周知しています。設置法人のコンプライアンス委員会への案内を職員の更衣室に貼りだし、園長はコンプライアンス研修や園長ミーティングで得た情報を職員と共有し、法令遵守の徹底に努めています。

 

・設置法人の保育に対する基本方針に関して入園のしおり(重要事項説明書)、パンプレット、保育課程に記載し、また、事業所内に掲示しています。設置法人の運営理念「安全・安心、子ども・保護者本位、思い出に残る保育、職場環境の充実」は、目指す保育を表しています。園目標「ご挨拶ができる子、期待を持ち何でも楽しむことができる子、強さと優しい心を持ちながら力を貸してあげられる子」を職員の総意で作り上げ、職員の行動規範としています。

 

・設置法人理念や園目標を、保護者には入園説明会や運営委員会で説明し、各クラス懇談会では重要なポイントを説明しています。

6 職員の資質向上の促進

・「保育士人材育成ビジョン」では保育士として求められる役割や能力について職員の経験年数や役職に応じて示されています。

 

・職員一人一人は年度初めに年間研修計画を立て、中間で見直し、年度末に総括しています。前年度の査定内容を含め、職員は年2回の園長との面談により目標を確認し、スキルアップに励んでいます。個別研修計画は園長の助言、指導を受けて、前期実績から次期受講研修を見直しながら進めています。

 

・設置法人には「保育士人材育成ビジョン」から引き出された「自己査定(評価)表」があり、職員は年2回、経験年数、役職にそった自己査定表で自らを査定し、園長面談にて上司査定を仰ぐシステムを行っています。

・園では将来の保育人材の育成を目指して、積極的に保育実習生を受け入れており、学校の担任が実習中の園を訪問する際には、現在行っている実習内容について話し合っています。

詳細評価(PDF566KB)へリンク