かながわ社会福祉サービス第三者評価推進機構

評価結果

アスク新丸子保育園(8回目受審)

対象事業所名 アスク新丸子保育園(8回目受審)
経営主体(法人等) 株式会社 日本保育サービス
対象サービス 児童分野 保育所
事業所住所等 〒 211 - 0005
中原区新丸子町718 山上ビル1・2階
tel:044-738-0081
設立年月日 2009(平成21)年04月01日
公表年月 2017(平成29)年01月 〜
使用評価項目 川崎市版
評価機関名 特定非営利活動法人 ナルク 神奈川第三者評価事業部
総合評価(事業所の特色や努力、工夫していること、事業者が課題と考えていること等)

【施設の立地・特徴】
【立地】
 アスク新丸子保育園は、平成21年4月に開園し、現在0歳児〜5歳児までの57名(定員60名)が在籍しています。東急東横線新丸子駅から徒歩3分の駅前商店街を抜けたところにあり、周囲はマンションや一戸建て住宅に囲まれています。園庭はありませんが、天気の良い日には近くの公園や、年長児は多摩川沿いの広場まで出かけています。
【特徴】
 園目標に「元気にあいさつしましょう」「おともだちを大切にしましょう」を掲げ、元気で明るい思いやりに満ちた保育園を目指しています。専門講師による英語教室・体操教室・リトミックのほか、クッキング保育・食育を取り入れ、子どもの楽しむ心や学ぶ楽しさを育むプログラムを提供しています。


【特に優れていると思われる点】
1.保護者にその日の子どもの様子を伝える努力
 各クラスに「担任伝言表」をおき、子どもの日中の様子をクラス全員について、「元気でしたよ」の一言だけでなく、一人一人のエピソードを必ず記入して職員間で共有し、お迎え時に保護者に直接伝えることができるようにしています。遅番職員は「担任伝言表」の記載事項に加え、自分のかかわった保育中の出来事も保護者に伝えています。家族アンケートの「日々の保育の様子が情報提供されており、保育について職員と話すことができるか」では、98%の保護者が「はい」と回答しています。


2.事業計画への具体的な取り組み
 28年度事業計画は、重点課題項目として「保育環境の見直しと充実」を掲げ、テーマを2つに分けて、全職員で取り組んでいます。@「園内環境整備」は、実行内容を保護者や職員の意見・要望を踏まえて具体的に策定し、随時見直しながら取り組み、A「各年齢の発達を踏まえた環境づくり」は、子どもの発達・興味に応じた玩具、絵本、テーブルの購入や設定など、各クラス担任の保育内容に直結しており、継続的に取り組んでいます。保護者に対しては、8月の運営委員会で事業計画の進捗状況も含めて、資料を配り説明をしています。


3.園長による職員保育力向上の努力
 園長は職員の保育力の向上に力を入れ、自由選択研修は職員の希望に応じて可能な限り受講できるように配慮し、川崎市主催などの外部研修にも積極的に参加させており、職員はこれらの研修を上期に平均で4、5回受講できています。また、乳児を担当する新卒職員に対して、個別指導計画の作成は、下書きをさせてチェックするなど、リーダーや園長がきめ細かい指導をしています。新卒職員は、画一的な個別指導計画とならないように、日常的に子ども一人一人の発達に応じた指導・支援を心がけるようになり、保育力の向上にも繋がっています。


【特に改善や工夫などを期待したい点】
1.戸外活動の充実を
 園庭がないため、戸外で活動する機会をできるだけ多く持つことが重要ですが、家族アンケートでは約16%の保護者が、「保育の中で、季節や自然、近隣とのかかわりが不十分」としています。お散歩マップも更新中とのことであり、公園や近隣の散歩コースに出かける機会を増やすとともに、お弁当を持っての小規模な遠足や、近隣の商店街に買い物にでかけるなど、戸外で自然や地域の人と触れ合う工夫が望まれます。

評価領域ごとの特筆事項
1 人権の尊重

・理念や基本方針に子どもを尊重したサービスの実施について明示しており、子ども尊重の基本姿勢は、保育園業務マニュアルの中に具体的な実施方法として反映されています。


・一斉活動や散歩を嫌がる時は、子どもの意思を尊重し、参加できるまでゆっくり過ごせるよう支援しています。また、性差による固定的な観念や役割分業意識を植え付けないよう努めています。
 
・「保育園業務マニュアル」の中で「個人情報について(プライバシーポリシー)」や「個人情報保護マニュアル」「個人情報管理規程」が整備されており、職員会議で周知を図っています。職員は、園外で子どもの名前や園での話を口にしない、園外に個人情報の含まれる書類を持ち出さないなどのルールを順守しています。


・職員は登園受け入れ時や衣服の着脱の際に観察を丁寧に行い、また保護者とは送迎時に子どもの状態を見ながら会話し、コミュニケーションを深めて虐待の早期発見に努めています。虐待の兆候が見られたときは、園長が設置法人へ連絡、相談し、必要に応じて川崎市中央児童相談所に通報するしくみがあります。

2 意向の尊重と自立生活への支援に向けたサービス提供

・行事後に保護者アンケートを実施し、行事に関する欄と、保育全般について意見を記入する欄を設け、保護者の意見や要望、満足度を把握しています。年度末に「振り返りアンケート」を実施し、次年度の活動内容や施設の改善に役立てています。懇談会と個人面談を行い、保護者の意見や要望、満足度を把握しています。


・保護者から苦情や意見を受け付けた職員は、速やかに園長に報告し、園長は内容によって設置法人本部と相談・調整して、対応を決めています。保育全体に関する苦情に対しては、懇談会で検討内容や対応策を説明するか、文書にして配布もしくは玄関に掲示しています。


・日々の活動や行事の中で子どもの自由な発想を取り入れ、年齢に応じて内容を変更し、子どもの気持ちを尊重しています。行事の際には、職員は子どもと相談しながらプログラムを考え、一緒に衣装を作ったり、小道具を選んだりしています。


・保護者と連携を取り、子ども一人一人に合わせて、フォークや箸の使用、排泄、歯磨き、着替え、手洗い・うがいなど基本的生活習慣が身に付くよう、開始時期・方法を設定しています。散歩や戸外遊びなど体を動かす活動をたくさん行うことで体のバランスが整い、転倒しにくい体になることを教えています。


・子どもの年齢に応じて、うがいや手洗いの大切さ、病気予防につながる必要性と正しい方法を教えています。また、道を歩く時のルール、公園で遊ぶ時のルール、保育室内での活動時のルールを、子どもたちと散歩の前や遊ぶ前に確認し、約束して、安全に遊べるよう配慮しています。

3 サービスマネジメントシステムの確立

・入園説明会で、「入園のご案内(重要事項説明書)」により、保育プログラム、年間行事、延長保育や夕食、補食などのオプションについての料金など詳しく説明し、帽子やカバン、おむつの実物を見せるなど、保護者が理解しやすいような工夫をしています。


・新入園児には、子どもや保護者の不安を取り除くため、可能な限り慣れ保育を勧め、期間や時間などは保護者と相談して個々に決めています。タオルなど子どもがあると安心する物も、持ち込みができることを説明しています。


・入園時に、「入園時家庭調査票」「児童票」「健康調査表」「お子さまの状況について」を保護者から提出してもらい、子どもの心身状況や家庭状況を把握しています。入園後は子どもの発達過程を、0〜2歳児は毎月、3〜5歳児は3か月に1回、児童票に記録しています。


・保育サービスの基本事項、手順、標準的な実施方法などは保育園業務マニュアルに明確に記載しています。他に衛生マニュアル、事故防止対応マニュアル、感染症対応マニュアルなどを項目別に制定しています。標準的な実施方法に基づいて保育が実施されているかは、保育日誌や各指導計画の評価反省欄で確認しています。


・乳児クラスは、クラスリーダーが年間指導計画を作成し、月間指導計画、週案は各クラス当番制とし、月、週の担当者を決めて作成しています。幼児クラスはクラス担任が指導計画、週案を作成し、いずれも、園長が最終責任者となっています。


・事故・災害・感染症などに対応したマニュアルを整備し、災害時の通報・消火・避難誘導などの役割分担を設定するとともに、事故発生時のフローチャートや災害時の役割分担表を事務所に掲示しています。


・作り付けの棚以外は、滑り止めシートを敷き、棚を壁に固定するなどして転倒防止対策をしています。119番通報要領・緊急時連絡フローを作成し、通報体制、避難経路を明確にし、職員・保護者の電話番号、メールアドレスを緊急用携帯に登録しています。月1回、担当者を決めて地震や火災など想定を変えた防災訓練を行っています。

4 地域との交流・連携

・設置法人のホームページに園の情報、日常保育の様子や行事の写真などを掲載しています。中原区の子育て情報ガイド「このゆびとーまれ」に園の情報を掲載し、園外壁に「園見学随時受付中」の案内を掲示し、地域の方に知らせています。


・育児相談は随時受け付けていますが、実績はほとんどありません。一時保育、交流保育、園庭開放は行っていません。


・設置法人の保育園業務マニュアルに「ボランティアの受入れ」及び「受入れガイドライン」があり、受け入れ方針、意義などの基本的事項を明記しています。受入れマニュアルに、登録手続き、事前説明、個人情報保護の誓約書提出など必要事項を記載しています。


・「地域の子育て支援活動」の一環として行われる中原区主催の「中原っ子シアター」に年長児が参加して、「チーミーのうきうきライブ」という親子ライブを楽しみました。また、川崎市社会福祉協議会主催の「保育まつり」に、昨年度は職員と年長児が参加しており、今年度は「食育」がテーマのため、4歳児が参加する予定です。


・中原区の認可保育園園長会議、幼保小園長校長連絡会などに園長や担当職員が参加し、地域の福祉ニーズの把握に努めています。幼保小連携事業として、上丸子小学校、西丸子小学校、中原小学校で行われた授業参観と懇談会に園長、年長児担任が参加し、意見交換を行っています。

5 運営上の透明性の確保と継続性

・理念・基本方針は、パンフレット、重要事項説明書、保育課程などの文書に記載するとともに、設置法人のホームページに明示し、玄関にも掲示しています。


・園長は、園の運営に関して職員に管理者としての役割・責任を伝えています。また、園長は、保育の質の現状について、各指導計画や保育日誌の評価反省欄をチェックし、毎日クラスを見廻って、評価・分析しており、クラスの問題点を担任職員と共有し、職員会議や現場指導を通して具体的に行動し、職員を指導しています。


・平成26年に26〜30年度までの中・長期計画を策定し、中長期計画を踏まえて年度単位の事業計画が策定されています。28年度事業計画は「保育環境の見直しと充実」「近隣との関係充実」「職員のスキルアップ」の3項目から構成されており、各項目とも実行内容を具体的に策定し、数値目標も設定のうえ、実施状況の確認ができるようになっています。


・設置法人は経営や業務の効率化や改善に向けて分析し、各園で取り組むべき課題について園長に指示しています。園長は、「職員が楽しく働けること」という理念の実現に向け、公平なシフト、残業時間の削減、適切な休暇取得など、働きやすい職場環境作りに取り組んでいます。


・川崎市福祉サービス第三者評価基準に基づき、毎年職員の自己評価と保育所としての自己評価を行い、第三者評価を受審しています。第三者評価の結果を、園長と主任が検討するとともに、全職員に回覧、周知し、職員会議で改善に向け、話し合っています。


・設置法人がサービスのコスト分析や利用者の推移、利用率などの分析を行っているとともに、園としてもこの園での状況を分析しており、園としての課題である「保育環境の整備と充実」(園内設備、絵本、玩具)や「職員のスキルアップ」を28年度中期計画や事業計画に反映し、取り組んでいます。また、全社的な経費節減策を受け、節電対策や備品購入希望に対する必要性を検討し、職員会議で話し合っています。

6 職員の資質向上の促進

・運営理念と基本方針、中・長期計画に設置法人の求める基本的姿勢、意識が明示されています。また「保育士人材育成ビジョン」には職員の階層別、習熟度に応じた目標が明文化されています。職員は経験年数や習熟度により成長目標・研修目標・研修テーマを決め、上期・下期別に「個人別年間研修計画」を作成しています。


・設置法人の「保育士育成ビジョン」には階層別に目標が掲げられており、職員は年2回自己評価を行い、園長と個人面談を通じて査定を受けています。園長は査定結果に基づき、職員にフィードバックしています。


・職員就業状況を記録し、園長は毎月有給休暇の消化率や公休取得状況、残業状況を把握しています。人材や人員体制の見直しは設置法人管理課担当者と園長が協議し、園長が設置法人に増員の要請をするしくみがあります。


・職員は年2回の個人面談のほか、必要と思われるときはいつでも面談できる体制になっています。また、職員のメンタルヘルスチェックを行う相談機関と連携しているほか、必要に応じ、産業医や臨床心理学の専門のカウンセラーに相談ができる体制にあります。


・実習生の受け入れにあたっては「実習生受入れガイドライン」が整備されていますが、25年度以降は実習生の受け入れ実績はありません。

詳細評価(PDF621KB)へリンク