トップページ > かながわともしびセンター > 経済的自立のための支援 > 交通遺児援護基金

かながわともしびセンター

経済的自立のための支援

更新日:平成28年62

交通遺児援護基金

かながわ交通遺児援護基金は、県民の皆様や企業・団体から寄せられた寄附金をもとに、交通遺児への継続的な援助・激励をしていくため、昭和46年に本会に設置されました。この基金により、見舞金・激励金の支給や、親子交流会、コンサートへの招待など、県内在住の20歳未満の遺児とその世帯を支援しています。

  • ※この基金による支援は、「交通事故等(鉄道・船舶・航空など交通機関の運行上の事故を含みます)によって遺児となった20歳未満の子を含む世帯のうち、事故当時および現在神奈川県内に在住しており、本会が把握している世帯(交通遺児世帯)」が対象です。世帯主ご本人様からの申し出により、お近くの社会福祉協議会を通じて本会への登録・申請をしていただきます。登録に関する問合せは、お住まいの地域の市町村社会福祉協議会もしくは神奈川県社会福祉協議会ともしび運動推進担当(下記)まで。
   
支援の内容
■交通遺児世帯に対する支援
  • 見舞金(10万円)
    事故当時、神奈川県内に在住しており、労働災害見舞金の給付を受けていない世帯に対して、本会への登録時に支給します。
  • 激励金(いずれも5万円)
    遺児が、小学校に入学する時、中学校に入学する時、中学校を卒業する時、高等学校を卒業する時(高等学校卒業程度認定試験合格「旧大学入学資格検定」を含む)に支給します。
  • 激励事業
    関係機関との共催により、親子交流会やテーブルマナー教室を実施しています。
  • 招待行事
    関係機関のご協力により、コンサートなどにご招待しています。
■交通遺児関係団体への支援
  • 団体育成費
    交通遺児世帯を会員とする団体並びに交通遺児世帯の激励等を目的とする活動に対して助成をしています。
詳しくはこちらをご覧ください
「交通遺児援護基金のご案内」(PDF形式348KB)

平成27年度の事業実績
  • 寄附金(11件) 5,020,000円
  • 預金利息 3,889,735円
  • 見舞金/激励金の支給 2,600,000円
  • 【内訳】
    ・見舞金 4件
    ・激励金 44件(小学校入学時1件、中学校入学時3件、中学校卒業時13件、高等学校卒業時27件)
    ・激励事業費として 1,658,841円
    ・団体育成費として 1,600,000円
  • 平成27年度末基金保有額  291,963,743円