トップページ > 参加する > 助成金情報 > 地域福祉活動支援事業

助成金情報

地域福祉活動支援事業
更新日:平成29年6月1
地域ネットワーク推進事業 

当事業は、政令市を除く市町村社会福祉協議会やそれを構成員とする実行委員会等による当事者支援や参加型福祉教育、地域福祉ニーズ(課題)対応等の事業に対し、経費の一部を助成し、支援するものです。

◆平成28年度地域ネットワーク推進事業 事業報告

事業別 組織・団体 申請内容 交付額(円)
1 横須賀市社会福祉協議会 『ふれあいキャンプ』 430,000
障害のある子の自立心の育成や保護者の負担軽減等を目的に、高校〜大学等の学生が主体となり企画・運営するキャンプを実施した。
2 横須賀市ボランティア連絡協議会 『みんなで考え行動しよう!地域の福祉』 240,000
当事者からの体験談を聞いたり、障害者団体のパフォーマンスを通してふれあいの場を設けることで支え合える住みやすい社会を目指した。
3 横須賀市ボランティア連絡協議会 『障害者と寄り添いともに生きる「握り合う手」』 150,000
障害者や高齢者への支え合いのコミュニティづくりの一助となるよう、講話やパネルディスカッションを行った。
4 藤沢市社会福祉協議会 『藤沢市精神保健ボランティア講座』 250,000
こころの病に関する正しい知識の普及啓発とともに、ボランティア養成と活動支援を行った。
5 逗子市社会福祉協議会 『地域安心生活サポート事業』 130,000
見守りや生活支援等を支えるサポーターチームのスキルアップ、課題の協議を行い、支援につなげた。
6 逗子市社会福祉協議会 『みんなでプロジェクト』 270,000
ダンスや歌の活動を通して、障がいのある方の生きがいや健康促進、また障がいがある方の休日における居場所づくりとして、当事者家族への負担軽減を図った。
7 三浦市社会福祉協議会 『ゆうあい三浦塾 夏期・冬期講習』 180,000
経済的理由等で学ぶことのできない学生等に対し、学習の機会を提供することで、「貧困の連鎖」を断ち切り、貧困の背景にある課題があれば適切な支援に結びつけた。
8 三浦市社会福祉協議会 『介護予防インストラクター養成を通じた地域のネットワーク作り』 90,000
介護予防の担い手育成を通じて、地域包括支援センター等の関係機関をつなぎ、各自で実施している事業の連携を進めた。
9 大和市福祉推進委員会 『大和市民まつりへの参加』 80,000
障がい者の活動や地域の作業所の紹介、視覚障がい者、高齢者の疑似体験等ができるブースを大和まつりにて設置(出店)することで障がい者と市民との相互理解を深めた。
10 大和市福祉推進委員会 『車いすバスケットボール体験講座』 610,000
障がい者スポーツ、障がい者アスリートとの交流を通じて、児童、生徒の社会福祉への関心を高め、ノーマライゼーションの推進を図った。
11 南足柄市社会福祉協議会 『おやこ・お菓子福祉教室』 60,000
障害者が講師となってお菓子教室を開くことで、障害者の社会参加促進と、教室参加者の障害への理解を深めた。
12 南足柄市社会福祉協議会 『車いす探検隊』 40,000
市内小中学生に対し、車いすを利用する障害者や高齢者の立場を体験してもらい、当事者への理解を深めた。
13 南足柄市社会福祉協議会 『しゃぼんだまの会』 410,000
知的障害者との交流を通して、地域住民の障害への理解や受け入れの促進を図り、また障害者の家族の孤立防止を進めた。
14 松田町社会福祉協議会 『障がい者街角アートギャラリー』 80,000
障害者が自立と社会参加を目指し努力している姿や、日常的な活動の紹介、作品の展示等を行いながら、町民の障害者への理解を深めた。
15 箱根町社会福祉協議会 『福祉講演会&交流事業』 33,164
福祉講演会並びに交流会を通して、障害のあるなしに関わらず、共に支え合い暮らしていくことができる地域づくりを推進した。
合計 3,173,164



■問い合わせ先