トップページ > 福祉人材センター >貸付事業のご案内

福祉人材センター

貸付事業のご案内

更新日:令和4年3月14日
福祉人材センターの貸付事業

新型コロナウイルス感染症予防のため、当面の間、各種貸付の申請や変更の手続き等につきましては、郵送によるお手続きをご利用くださいますようお願いいたします。


※受付方法を変更する場合は、本ホームページでご案内いたしますのでご確認ください
※各種貸付事業の詳細については、下記ページからご確認ください。


【重要】貸付が決定した方、すでに貸付を受けている方へ
貸付決定後に必要となる各種手続きにかかる書類は、必ず所定の期日までにご提出ください。
期日までにご提出がなかった場合は、貸付金が送金できないことや、提出された書類は不受理とさせていただくこと、貸付金の返還対象となることがございますのでご注意下さい。



福祉人材センター 資金貸付担当
〒221−0835 横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2
電話 045−312−4816
月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)、午前9時〜12時、午後1時〜5時



神奈川県内の介護・福祉・保育の現場で働くことを支援します!
※神奈川県内において、所定業務に一定期間従事することなど、
要件を満たせば貸付金が免除になります※

資金・事業名 概要
介護分野就職支援金貸付事業
NEW
これまで他業種で働いていた方等が介護職員等として活躍していただくために、必要な資金を貸し付けます。
障害福祉分野就職支援金貸付事業
NEW
これまで他業種で働いていた方等が障害福祉職員として活躍していただくために、必要な資金を貸し付けます。
福祉系高校修学資金貸付事業
NEW
福祉系高校に在学しながら、介護福祉士の資格取得を目指し、福祉系高校を卒業後に県内で介護職員等として働き続ける意思がある生徒の方に、学びをサポートするための資金を貸し付けます。
介護福祉士・社会福祉士修学資金 県内で介護福祉士・社会福祉士として従事することを目指す、介護福祉士等養成施設の学生に修学資金等を貸し付けます。
※平成27年度までの介護福祉士・社会福祉士修学資金貸付事業に関してはこちら
介護福祉士実務者研修受講資金 介護福祉士実務者研修施設の在学者(予定も含む)に研修費用を貸し付けます。
離職した介護人材の再就職準備金 かつて介護職として働いていた方が、再び介護職として再就職する際に必要な資金を貸し付けます。
保育士修学資金 県内で保育士として働くことを目指す、保育士養成施設の学生に修学資金を貸し付けます。
保育補助者雇上資金貸付事業 保育士の負担軽減及び勤務環境の改善を図るために保育補助者の雇上げを行う保育事業を運営する法人に、雇上げに必要な費用を貸し付けます。(横浜、川崎を除く)
未就学のこどもをもつ保育士に対する
保育料一部貸付事業
保育士資格を持つ方が未就学のこどもを保育所に預けて、保育士として働き始める、または復職する際に保育料の半額(上限27,000円)を貸し付けます。
保育士の就職準備金貸付事業 保育士資格を取得して1年以上たった方が保育士として就職するにあたり必要な費用を貸し付けます。
※いずれの資金も貸付要件や免除要件などが規定されていますので、
詳細はお問い合わせください。
※資金によって募集時期や受付窓口が異なります。


福祉人材センター 資金貸付担当
TEL: 045-312-4816