トップページ > かながわ福祉サービス第三者評価推進機構 > 評価調査者 > 評価調査者とは(評価調査者になるには)

かながわ福祉サービス第三者評価推進機構

評価調査者

評価調査者とは(評価調査者になるには)

 本県では、第三者評価調査者になるための特別な資格や経験は不問となっておりますが、推進機構が実施する養成研修を修了することが必須の条件となっています。養成研修終了後は、推進機構に登録し、実際の調査業務は評価機関に所属して行います。調査者になった後も、フォローアップ研修等の受講機会が設けられ、登録の更新に際しては登録更新研修の受講が義務付けられています。各研修の実施については、当推進機構ホームページなどでお知らせしています。

評価調査者として求められる役割
  • 客観的な視点で、調査報告書を作成し、信頼性のある評価に寄与する。
  • 各事業者のサービスの優れている点、改善すべき点を引き出し、また、事業者や利用者の相互理解を促進し、サービスの質の向上に寄与する。