平成28年度 ブロック別 コミュニティソーシャルワーク研修 開催について

更新日:平成2812月13日

・「平成28年度 ブロック別 コミュニティソーシャルワーク研修」を開催します。
 本研修は、本年度から新規事業として開催されるものです。県内各ブロック別で開催します。

 ※開催要綱はこちら(PDF形式281KB)
 ※申込用紙はこちら(WORD形式45KB) -ファイルを保存してから開いてください。
 ※会場案内はこちら(PDF形式392KB)

1、開催目的
 ひきこもりや孤立死、ホームレス、ゴミ屋敷など、従来の福祉施策では対応が難しい生活問題が顕在化しています。新たな法整備なども進められている中で、地域においても住民や関係者の協働により、それらの課題を早期に発見し、問題の深刻化を防ぐ取り組みが求められています。このような状況のなか、社協職員はコミュニティソーシャルワークの視点を常に意識し、「個」と「地域」それぞれのニーズに対応することが期待されており、それらの問題の解決には社協局内のみならず、他の専門職と連携した「総合相談」機能を発揮することなども重要になってきます。そこで今回の研修では、「地域福祉推進の中核的な組織」としての社協の役割・機能を改めて考察するとともに、事例検討を通して要援護者を支える援助技術の手法を学ぶことにより、経験年数や地域特性の違いに関わらず、社協職員に必要な「コミュニティソーシャルワーク」のスキルアップを図る機会とします。

2、対象・定員
 県内各市町村社協の地域福祉部門担当職員等 各ブロック 20名
 (申込状況により調整させていただく場合があります)

3、日時・会場等:※各ブロック別に開催します。時間は全て13時から16時30分です。
 ①西湘・足柄上ブロック-平成29年1月27日(金)大井町生涯学習センター
 ②湘南ブロック      -平成29年2月21日(火)藤沢商工会館ミナパーク502号
 ③県央ブロック      -平成29年2月22日(水)海老名市総合福祉会館 第一・第二会議室
   ●原則、ご自身の社協が所属するブロックの開催日にご参加願います。
   ●政令指定都市社協職員の方は、①~③の希望するブロックにお申込み出来ます。
     但し、いずれも各ブロック内の職員の参加を優先させていただきますので、何卒ご了承ください。
   ●①~③の研修終了後の平成29年3月2日(木)に、政令指定都市社協を含む全ブロックの職員を対象とした同一講師による「まとめ研修」を「市町村社協部会 第2回職員会 研修会」として開催します。なお、募集案内等詳細は後日送付しますが、各ブロックでの開催状況を踏まえた講義形式で実施する予定です。

4、講師
 山本 美香 氏(東洋大学ライフデザイン学部 生活支援学科 准教授)
  ・専門分野/研究テーマ:地域福祉論・住宅政策(特に低所得者、高齢者)
  ・他県政行政、社会福祉協議会での講師実績有
  ・その他、高齢者住宅財団調査報告書委員等多方面で活躍
   *大学公式HP https://www.toyo.ac.jp/site/hld-teacher/yamamoto.html


■問い合わせ先