トップページ > 災害専用ページ > トップページ

災害時専用ページ

お知らせ

台風19号上陸による被害について
【令和2年2月5日更新】

10月12日に上陸した台風19号により甚大な被害が出ており、お亡くなりになった方に
お悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。


本県では、神奈川県、県共同募金会、かながわ災害ボランティアネットワーク、本会の四者協定に基づき、
10月12日に「神奈川県災害救助ボランティア支援センター」が設置され、支援を行ってきましたが、
県内の災害ボランティアセンターの閉所を受け、12月13日をもって閉所いたしました。
ご協力、ご支援いただき、ありがとうございました。


なお、災害に伴う支援活動、義援金等や県外被災地へのボランティア活動については
引き続き、下記のページにて状況等ご確認のうえご検討ください。


<災害ボラセンの設置情報について>
ボランティアの参加者募集などは、災害ボランティア募集状況(外部ページへリンク)にてご確認下さい。

■相模原市社協
12月13日(金)をもって災害ボランティアセンターはささえあいセンターへ移行しました
市災害ボランティアセンターについて(外部ページへリンク)
■川崎市社協
11月24日(日)16時をもって災害ボランティアセンターは閉所しました
災害関連最新情報(外部ページへリンク)


<義援金の募集について>
神奈川県、日本赤十字社神奈川県支部及び社会福祉法人神奈川県共同募金会では、
令和元年台風第19号により被災された方々を支援するため、義援金を広く募集しておりましたが、
1月31日をもって募集を終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。


<被災に関する状況・対応等の情報について>
全社協被災地支援・災害ボランティア情報(外部ページへリンク)
神奈川県災害救援ボランティア支援センター(外部ページへリンク)


<本会のうごき>
☆今回の災害を受け、本会では、「関東ブロック都県・指定都市社会福祉協議会災害時相互支援に関する協定」に基づき、
神奈川県下の市町村社協(政令市を除く)にご協力いただきながら、下記の通り職員を派遣しました。


派遣先:長野市災害ボランティアセンター

  • 派遣期間、職員数
  • ・令和元年12月8日(日)〜12月12日(木) 2名
  • ・令和元年12月12日(木)〜12月16日(月) 5名
台風15号上陸による被害について

台風15号上陸による被害について
【令和元年12月27日更新】
9月9日(月)早朝に関東地方に上陸した台風15号により、関東地方を中心に大雨及び強風が発生しました。
倒木等の被害や交通機関の混乱も生じ、特に、千葉県を中心にライフラインの途絶等、大きな被害が確認されています。
被災された方に心からお見舞い申し上げます。


ボランティア活動については、上記「台風19号上陸による被害について」をご参照ください。


<被災地の情報について>
全社協被災地支援・災害ボランティア情報(外部ページへリンク)
千葉県社会福祉協議会(外部ページへリンク)


<義援金、助成等支援の募集について>
千葉県共同募金会(外部ページへリンク)
被災された方々の支援を目的とした義援金を募集しています。募集期間は3月31日(火)までです。


<本会のうごき>

☆今回の災害を受け、本会では、「関東ブロック都県・指定都市社会福祉協議会災害時相互支援に関する協定」に基づき、
神奈川県下の市町村社協(政令市を除く)にご協力いただきながら、下記の通り職員を派遣しました。


派遣先:千葉県南房総市災害ボランティアセンター

  • 派遣期間、職員数
  • ・令和元年9月20日(金)〜9月24日(火) 1名
  • ・令和元年9月23日(月)〜9月27日(金) 2名
  • ・令和元年9月26日(木)〜9月30日(月) 1名
  • ・令和元年9月29日(日)〜10月3日(木) 2名
  • ・令和元年10月2日(水)〜10月6日(日) 3名
  • ・令和元年10月8日(火)〜10月12日(土) 3名
  • ・令和元年10月14日(月)〜10月18日(金) 2名
  • ・令和元年10月20日(日)〜10月24日(木) 3名
関連機関・団体等へのリンク
ボランティアへの参加をお考えの方へ

ボランティアへ参加する前に…(全社協 被災地支援・災害ボランティア情報ホームページ)

神奈川県内のボランティアセンター(PDF形式)

 (※)こちらのページからもご覧いただけます。

かながわ県民活動サポートセンター

神奈川災害ボランティアネットワーク

ふくしの保険(ボランティア保険)

 (※)大規模災害特例とは

ボランティアツアーに関する観光庁通知
 団体でのボランティア活動は、ボランティアを受ける側の負担を軽減し、活動を円滑に進めることにつながります。
 ボランティア参加を希望される方は、ボランティアバス等団体での参加もご検討ください。