トップページ > セミナー・イベント情報 > 県社協主催のセミナー・イベント > 令和元年度(平成31年度) > 専門職のためのアレルギーの最新知識

セミナー・イベント情報

県社協主催のセミナー・イベント

更新日:令和元85

令和元年度(平成31年度)

専門職のためのアレルギーの最新知識
〜明日から役に立つ緊急時対応とスキンケアの実際〜
催しの名称 専門職のためのアレルギーの最新知識
〜明日から役に立つ緊急時対応とスキンケアの実際〜
主催 NPO法人アレルギーを考える母の会
※本事業は、NPO法人アレルギーを考える母の会が、神奈川県社会福祉協議会との協働事業として、ともしび基金の助成により実施するものです。
開催日時・会場 県内3箇所で開催 
※会場によって開始時間が異なりますのでお気をつけください。


◆横浜
会場:かながわ県民センター 
開催日:令和元年10月15日(火) 14:00〜17:00

◆藤沢
会場:藤沢市保健所・南保健センター
開催日:令和元年11月8日(金) 14:00〜17:00

◆海老名
会場:海老名市立総合福祉会館
開催日:令和元年11月12日(火) 13:30〜16:30


※詳細は募集要項をご覧ください
開催趣旨   喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患、中でも食物アレルギーの子どもが増加傾向にあり、子どもの居場所での食事やおやつの提供などの対応が課題になっています。
  食物アレルギーは誤食などで原因となるアレルゲンを食べてしまった場合、急速に症状が進展することがあり、時に命にかかわるような事態に陥ることもあります。
それだけに、子どもをあずかるすべての施設で、正しい病態の理解に基づいた対応や、万が一症状が起きた場合の緊急時の対応などについて、普段から熟知していることが欠かせません。
  本事業では臨床の最前線で活躍するアレルギー専門医を講師に迎え、アレルギー疾患の病態理解とともに、日常生活でのアレルギーの子どもたちの支援、アドレナリン自己注射薬「エピペン」の使い方を含む重篤な症状への対処、合わせて身体の洗い方などスキンケアについて実践的に学びます。
開催内容 全会場同一内容で実施
 *受付は講習会開始30分前より行います
【オリエンテーション】
【講義】 
○アレルギーの医学的理解
【体験実習】 
○緊急時のエピペン対応の実際 
○からだの洗い方等スキンケア実践法
【意見交換】 
○講義、体験実習を踏まえ、参加者同士で意見交換を行います
【質疑応答】
【講師によるまとめ】
参加費 無料
参加対象者 保健福祉事務所、福祉保健センター、児童相談所、青少年相談センター、市区町村社協、乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、児童自立支援施設、障害児入所施設など児童福祉施設等、各関係機関の職員
申し込み方法 申込期間:令和元年8月6日(火)〜令和元年8月30日(金)
定員:各会場50名

●申込書にご記入の上、下記問い合わせ先へお申込ください。
申込用紙はこちら
お問い合わせ 地域福祉推進部 地域福祉推進担当
〒221‐0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 
TEL 045‐312-4813、4815(月〜金 9時〜17時)
Fax 045-312-6307  E-mail tiiki@knsyk.jp
県社協主催のセミナー・イベント
令和元年度(平成31年度)
他機関・団体主催のセミナー・イベント
令和元年度(平成31年度)
他機関・団体の取り組み